スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メデイアが恐怖心を招く・・・それでも平常心の日本人。

「南海トラフ巨大地震」昨日の内閣府の想定発表を書きなぐりながら恐怖心を煽っている。

記事は4面程度、この記事ばかり、そして「正しく恐れる」行動を?とも書いて見る。

意味は解るが、解らない、数字の上での奈良県、左程心配無いが、活断層は何処の地域も同じ、

何時地震が来るかは想定できない、逃げる所は高台へ、そればっかりを言ってる市民達。

高い所が有りまっせ、今日の夕刊、日本一の高い「阿倍野ハルカス300m」26年春開業とか、

阿倍野地区は大丈夫、これだけ高ければ安心、心配成らば絶えずこのビルで買い物宿泊行けば良い。

メデイアの記事、何処を探してもこのビルの耐震性、南海トラフ巨大地震にも安全とは、書いて無い!

既存原発の地下に眠る活断層も有るとか、今まさに脱原発運動も盛り上がり、無責任に書くが、

それに乗る、少数意見派「なんでも反対」と数多く集まり、国会周囲を闊歩する。

脱原発依存から原発零に致しましょう、運動はドンドン盛り上がるが先の読みは誰も無い。

既存の原発廃炉にして、電気料金値上げされ、原子力の研究は無用成り、国際競争から離脱して、

わが国の平和呆けも、これ又ドンドン進行中なり、海外の笑い物に成ってる事すら知る事も無い。

本日の夕刊又面白い、例の小沢さん、私が首相に成れば竹島を放棄する、こんな記事も書いて有る。

真実か否かは計り知れないが、この人の言いそうな事すぐ分かる、ここまで言えばこれ国賊成り。

たしか140名ほど連れての中国詣で、ひょっとして、尖閣諸島もお譲りしますと言ってたか!

この国どなたが首相に成るのでしょう、谷垣様では無い様だ、こんな茶番劇見るに堪えない。

ヤケクソついでに、この際だ、あの若者にこの国託すのも良いかも知れない???

日本沈没目の前か、何処か逃げれる高台無いものか、ブログ書き書き考えた。

私が行ける近い場所、有るとすれば天国か!


スポンサーサイト

旬の秋刀魚が・・・今美味い!

先週末から食卓に秋刀魚がやってきた、大ぶりの姿焼き、脂も乗って食卓を賑わす。

これに酢橘を絞ってかぶり付く、最高に美味い、腹からすべて食べてやる!

今年の酢橘1個100円するそうな、昔はお付き合いしていた畑で頂戴したが、

この方亡くなられ、この畑も荒れ放題、酢橘の影姿などは見えない状況。

酢橘そんなに高いのなら暫く諦め、大根おろしで食べようか、思ってる矢先です。

娘が5個ほど持って来た、聞けば御隣から頂いたよ、グットタイミング、大根おろし隅に寄せ、

こ奴を思い切り絞ってパクついた、1年ぶりのこのお味、日本人こんな幸せな食文化持っている。

絞った残りの皮は捨てません、翌日家内に、素麺食いたいな言ってみる・・・

勿論この皮擂ってタレに入れ、これが又最高成り、酢橘の皮擂って食べる素麺で今年の夏終了。

今宵の酒の肴、お向いの奥さん持参して呉れた秋刀魚の生酢、新鮮なこの時期、御主人の手作。

毎年の恒例で、作って持ってくる、昆布の味と油の乗り利いた秋刀魚、本に美味い酒のあて!

これを頂けば、秋の始まりか、さて冬入りまで、まだ旬の食材沢山おます、暫く楽しみ続きそう!

今時の日本の若者、旬の味など解らんだろう、思いながら酒の量も又増える。

人生足跡・・・青春期・・・(6)長男だったと思ったが・・・

この頃かお酒がメッポウ強くなる。

高校時代はビール1杯でもフラフラに、台所の隅で赤玉ポートワインを盗み飲み、顔にも出るが、

ばれる事は当り前であるが何故か口当たりも良く両親不在の折はチョクチョク試飲した。

バンカラの校風故、先輩の付き合いは断れない、酒の量は日増し増える日々多し、

1回生は焼酎で、先輩4回生は日本酒1級、その下2級ときまってる、これここのルール成り。

飲むより流し込み、酷い時には1升瓶をラッパで、俗に言う一揆飲み、裏でこっそり吐き戻す。

それが続けば慣れて来てドンドン酒の飲み方伝授され何時しかお酒も強くなる、これ未熟な1回生。

住まいは変わらず中野に投宿、暫くすれば引っ越しすると言ってたが2人の住人そのままで良いと、

結構気に入られ、時には彼らも早く帰宅すれば銀座・新橋・渋谷と飲み所にも付いて行く。

この人達のお付き合いは大人の世界、学ランでは不釣り合い、雰囲気からやがて背広も欲しく成る。

秋半ば私にとっての転換期、とは言えどあまり関係ないが私は長男だ、姉に婿養子?考えられない。

松江の店も軌道に乗っての婿取りか、ここでどう言う経緯か知る由も無いが、結婚話は決まっていた。

私の存在そんな物、、馬鹿臭くて何も感じないまま、この都心で酒の量は増えて行く。

そう言えばこの頃だ、気の短さが極端に現れ、酒を飲めば絡み酒、ついでに喧嘩も多くなる。

性格ドンドン変わって行く、短気は損機解るけど、ヤケクソついでに生活の乱れも進行する。

食事代より飲み代増え、金は無くとも飲む事には事欠かさない、良い先輩が付いていた。

学友、先輩との飲み会は学ランで、同居人?の先輩との夜遊びではこの姿は様に成らない。

丁度良い機会、仕方無しの披露宴で松江へ、上京途中実家に寄り、母親に無理難題で作らした。

養子婿取りの私の心情も察しの上か、母親は何も言わず実家近くのテーラーへ連れて行く。

勿論オーダーメイド、当時ファッション感覚は勉強進行中、2人に感化されたそのせいか、

3つボタンに丈短目、サイドカットに裏地無し、丁度アイビールックかミユキ族が流行る前だった。

洋装店の主人も見た事も無いデザイン、責任持てないと困り顔だが、そんなことはお構い無く、

出来上りは当時奈良では見かけないカッコ良い背広の出来上りと成る。

ネクタイはこの二人結構お洒落で数多く持っていた、好きなもの使えと毎回取り換えして呉れた。

この頃にファッションの知識も習得、昼と夜は別人、バンカラと遊び人、適当人生始まった。

渋谷・銀座夜の街はこの背広、学校は勿論学ラン、近場で焼酎、渋谷ではブランデー、極端だ。

遊びに長けると金が無い、金が無いと足が向くのが新宿西口、俗名ションベン長屋と言っている。

汚らしいガード下側面、ここは食事所と居酒屋長屋、安くてうまいが異様な匂いで酷過ぎる。

油の廻った天ぷらをタレにドブ浸け、飯に被せる、安くて美味い天丼だ!

酒は焼酎、金が無ければ爆弾を、こ奴色々なアルコールが入って居て兎に角きつい酒で有る。

この爆弾、キャバレー、飲み屋街の残り物をブレンドした特注お酒、荒んだ生き方には最高の酒!

つまみはホルモン、煮込みに豆腐入り混ざり、ネギタップリで汚いアルミ皿、それもボコボコ変形、

馴染みに成ると若干量も増して呉れる、汚い止り木に座って飲むのだが、この時は勿論学ラン姿!

当時の学ラン姿は厳い、巷で眼を飛ばす奴も無く、こちらの目付は鋭く闊歩した事想い出す。

昔を懐かしみ今一度行ってみたい場所の一つに入って居る事、間違い無い。

やがて冬休み、帰郷など考える事の無い一回生、そう言えば金が無い事に気が付いた。

職人は…暇が有れば道具の手入れ、御蔭で盆栽丸坊主!

切れの悪い剪定バサミは作業中の鋏の音を聞けば良く分かる。

今時の若い衆、切れ味悪くても作業を続け、切って居るのか千切って居るのか解らない。

作業中、若い衆の刃物の音を聞き、どうも切れ口悪そう、作業も捗らないだろうと考える。

休息時そっと刃物を調べてみると想像以上に歯が丸い、こんな刃物で仕事は出来ぬ、

作業効率を考えての事だが、仕方ないから私の名刀を貸す事にする。

親父の刃物良く切れるネ、と言っているがお世辞でも無かろうに、何ヌカス!

絶えず暇にまかせ手入れした結果がこの刃物、切れる刃物はシャカシャカ良い音もする。

若い衆どんな手入れをしているのか不思議でならない。

研いでいる様だが研ぎ方が甘いのか、絶えず注意をするのだが、覚え様ともしないのか、

日曜・祭日、道具の手入れはする気も無し、サラリーマン化した職人が今流か。

与えた当初の切れ味と今使って居る切れ味悪い刃物すら解らない、先日ついに私も切れた。

刃物切れずとも私が切れる事は多分に有る。

現場で怒って居ても仕方ない、週明けから又私が切れる訳にもいかず、今回だけは磨いてやれ、

若い衆の刃物、予備の刃物を午後半日かけて研いで見た、切り口鋭く、さすがに良く切れる。

作業で座る庭先は藪蚊も多く周囲3か所蚊取り線香焚き続け、私が地蔵さん宜しく線香マミレ。

丁度その頃か、お地蔵さんの祭壇前では来て頂いた坊主もさぞや説法してる事だろうか!

そんなこんなを考えながら横着しての試し切り、座ったまま、手の届く物をドンドン切って行く、

気が付けば、盆栽・草花手前の葉っぱ、御蔭で全部丸坊主!

寂しい地蔵盆だが・・・それでも継続してやろう!

夏休み最後の日曜日、家内達が提灯吊り下げ作業に精を出す、そう地蔵盆の準備です。

有志の町内の方も手伝ってくれている、今年は急に雨が落ちるかも知れないとシートも掛ける。

小さな地蔵様だが其れなりに祭壇の飾り付けも終え、多少は見れる様に成って来た。

この地域は何ら行事も無い、子供会も無くお年寄りの集う場所、行事なんて何も無い。

7年前ですか、この地に何らかのアクションを、思い立ったら吉日、立派な地蔵さん祭りました。

御蔭と言いますかその年家内が悪性の胃癌、もう1ヶ月遅れたらお陀仏と主治医の言葉を思い出す。

地蔵さんの命名は家内「なごみ地蔵」が良いね、地域の人が仲良く、親睦第一と言っていた。

今御蔭様で家内を軸に小さな集まりだが毎年欠かさずお祭り出来る事に感謝する。

設置4年間は傍らの駐車場をお借りして金魚すくい、輪投げ、かき氷、色々な催し物したのだが、

知人がお亡くなり、この駐車場もお借りする事出来ず、年々行事も出来なくなった。

それでも毎年御寺さんに来てもらい地蔵盆は継続する、今年もどうやら無事準備完了。

今日の私は不参加、理由は沢山有るのだが、この所地域の人々の生き方に疑問を感じる今日この頃、

この地蔵さん、近所の方は毎日ここを通るのだが、手を合せる事も無く、花一輪備えるでも無い。

どうもこの地蔵尊、私が作りお祭りしているから、義務的な御供え、礼節だけでのお付き合いかも。

昨夜も家内曰く、御父さんがしているから御供え持って来るのかな、寂しいね!

よし今日は不参加してやろう、もし私が設営していれば、どれだけ人が集まるか試してやれと、

予測通りの御祭?だ、お供え沢山頂いて、お下がり沢山作っても、小さな子供は我が孫2人と、

娘の隣の御子さん2人、朝から手伝ってくれた方も僅かの参加、お孫さんも遊びに来ているが、

御近所の仕方無しのお付き合いと、割り切って居るのだろう、孫を連れて来る気も無い!

何と寂しい地蔵盆か、本来子供達の地蔵盆、催し物も無い地蔵盆、お下がりなんて興味も無いか、

昔は地蔵盆のお下がりは私達子供達の楽しみ事、今は飽食の時代、僅かなお下がり要らないか!

すさんで行くこの地域、大人は十分解ってる、蒸し暑い夕方、藪蚊に刺され聴きたくも無いお経、

大人が行かない地蔵盆、何も解らない子供達、さてさて来年は金魚すくい、輪投げ、かき氷等々、

色々な催し物を盛大にしてみれば、当初集まった100人ぐらいの人が来て呉れるかも?

違う違う、私はテキヤの香具師で無い、人寄せパンダでも御座いません。

純粋に孫の為にこの地蔵盆、死ぬまで継続してやろう!

介護の車の多い事・・・私もついでに介護する。

仕事先大概の街角で介護の送り迎えの車両増えている、いま最大のビジネスらしい。

毎日の作業の行き帰り、この様な車両を見かけ無い日は御座いません。

平成22年度、この産業への補助金が7兆円とか、年寄りの為の予算なのだが、恩恵は事業者へ。

儲かれば何でもしたれ、日本流のパラサイト事業が流行るのも解らないでも無い。

私のお客さんもこの車で迎えが来れば連れて行かれる、お声を掛けるのだが、本人の希望でも無い。

何時もこの車両に乗るお父さん、何しに行くのと聞いて見た、リハビリーで身体揉んで貰うとか、

後は歌を聴き昼食食べて夕方まで過ごすとか、行くの楽しいか・・・聞いて見た。

諦め境地で只一言、仕方無しに行くそうな!

娘夫婦が面倒見れないから、結果介護施設に依頼するとか、費用は勿論親の年金で処理してる。

観察すればこの夫婦、親孝行者と見受けたが、そうでも無い、早い話自分達の時間を有効にする、

ドライブや、テニスに行っている、今流の趣味の一環か、時間が欲しいだけの事でした。

何時ですか、剪定作業の最中にお迎えの御車参上です、行きたくないと言ってるお母さん。

どうでも連れて行こうとする運転手、傍らで聞いて々私はドンドン腹が立つ。

嫌がるのに無理強いしなはんなと運転手に言ってやる。

この運転手厳つい顔で、私を睨んでこう言うた、連れて行かなあきませんネン、私の仕事ですワ!

こちとらそんな怖い顔など関係無い、浴びせ倒しに言ってやる!、おっさん運送会社の運ちゃんか、

お連れするのは荷物で無い、無理強いせんと会社帰って担当者呼んで来い、そんな訳で追い返す。

お母さん嬉しそうに、今日はあんたらが来てるから、介護施設行きとう無いし!

あんな所、ほんまに行ってもつまらんで・・・幼稚園児でも無いのに歌踊り、ホンマつまらん!

解ります、年寄りを大切にするのでなく、唯の金儲け集団、運転手見たら解ります。

その後担当者やって来て、こう述べた、こちら員数で予定組んでます、お母さん一緒に行こ!

アーア、お年寄りの気持ちはそっちのけで金もうけだけの施設か、ついでにこいつも追い返す。

さてさて、こちとら仕事が閊えてるがそんなことにはお構いなく、お母さん私にドンドン話しする。

御蔭でこちらの仕事は捗らない、ましてやこちらの言ってる話は聞く耳持たず、自己中心。

そうお母さん耳は遠く、大きな声で話しても聴こえない、結果クチパクで会話した。

それでも良いんです、楽しそうなお母さん、仕事は二の次、喜んで頂ければこれも仕事。

さて今日の92歳の御父さん、朝から整形外科予約有るから留守すると居いているが家に居る。

休憩時予約してるのに行かないのを聞いて見た、治療はしないが定期的に行って話するだけとか、

先生の話聞くだけでも一安心出来るから、行って居るそうな、そして貼り薬貰うだけ。

何で中止したのと聞いて見た、あんたが来たら色んな話しも出来るし、整形外科は又今度にするワ、

10分程度の休憩が、あっちの話題、こっちの話題と結局2時間会話する?

こんな調子で本日仕事は捗らない、後は若い衆に任せる事にして、

今日もお年寄り夫婦との会話仕事に成りました。

旅先での危機管理・・・少しガードが甘いのか

良く海外へ出かけて行くが、日本人のたいてい見かける光景は集団行列。

費用も安く、すべて旅行業者にお任せ、この程度の旅行ではさほど危機管理は必要無いかも。

いつもハラハラする状況を見るのだが、特に最近若者の一人旅を多く見かける。

航空券の格安、ホテルの安さで、簡単な英会話が出来れば今一人旅は簡単に出来る時代。

私もたまに一人旅するのだが、この私でも一人旅の危機は絶えず経験、構えての旅で有る。

アメリカロスでの一人散策、この時は業界のツアーで行ったのだが、仲間は皆ゴルフ、

海外まで来てゴルフばかりではつまらない、一人でロス市内を散策するのだが、

この町は危険だらけ、男狙いの男がウロツイテいる、下手すりゃお尻に一発、

痔ろう物語で手術3回、傷だらけの尻持ち、見たらさぞや驚くだろう!

私は多少腕に自信有り、危機を脱した事も有る。

ロス、サンフランシスコでも音大を出た女性が麻薬中毒で娼婦に成っていたりそれに近い留学生、

沢山の事例を見て来た、我が娘以前海外へ友達と旅行するとの話有り、簡単に許す事は出来ない。

ここは親が止めるべき説得する事も大切、当時は難癖をつけ、行き過ぎは有ったと思うのだが、

今幸せな娘達を見て間違って居たとは思わない、当然日常の門限は10時まで、厳しく躾けて来た。

スペインでの一人旅、私の趣味はカメラ、当時ライカM3をぶら下げ路地裏を散策して居たのだが、

この路地裏、ロマ(ジプシー)の集合住宅で写真撮影には最高な場所、危険は承知で入ったのだが、

3人の男女に取り巻かれ、時計カメラ、所持品を奪われそうになった、両腕を固められたが、片側女、

前には男、背は私と変わらない、痩せていてさほど怖くも無い、こちら片言のスペイン語は出来るが、

大学で習った2年の授業ではくその役に経たない、英語は中高、大学入れて10年、これも同じ。

私は困った時は日本語、怒ったときは関西弁、世界共通でこの関西弁の恫喝は大いに役に立つ。

カメラを振り回し、関西弁で怒鳴れば3人はキョトンとして退散、被害は零で有る。

後の新聞で知ったのだが、カミソリで喉を軽く切られ金品を巻き上げる集団スリがこの路地に多いとか、

運が良かったと思う事にしている。

そいてシドニーのオペラハウスを見渡せる公園、日本人は少ないが、撮影場所には良い光景、

時には観光バスも止まっているが、韓国の添乗員だと言う男に声を掛けられた。

一人旅ですか、良いカメラですね、その後添乗員だからバスで移動したと思いきや、トイレに入るや、

この男が急に入って来た、顔つき獰猛な顔付きに変わり早速カメラを頂戴とか、何ヌカス!

柔道・空手多少の喧嘩慣れ、一人相手では物足りないが、関西弁と私の構え、隙は全然御座いません。

多少こ奴日本語が出来るみたい、頭を下げてスゴスゴ退散した次第で有る。

夕暮れ時オペラハウス前に日本女性「オバン」が声掛け、日本の留学生沢山居るよ、春を売って居る。

このオーストラリア、日本の留学生の多い事、メルボルン、ケアンズ、日本人受け入れの大学が多い。

大概語学勉強と言って来ているが、殆ど日本人同士でつるんでる、こんな状況で英会話等出来ない筈。

その点女性は強し、一人の行動が好きみたい、絶えずライバル意識が高く結構物怖じせず単独行動。

語学勉強は女性が早く身につける様だ、競争心に長けて、慣れて来るとドンドン現地の人と会話する。

やがてアルバイト、これが危険な罠である、最初は良いのだが2年、3年経つと金額の多い方へ移動。

ここにも落とし穴が有るのだが、私の知っている人の多くが外人と付き合い、何の為の留学か?

彼氏が現地人と言うだけの自己満足、やがて腹ぼて、捨てられる、こんな事例は多く見た。

片や男子学生勉強も程ほどで語学も出来ず遊びバイトで帰国する、そんな学生身近に沢山おりますぜ!

今回の海外での被害者二人、片やジャーナリスト、死と隣り合わせの仕事、悔やまれるが仕方ない。

もう一人の女学生、危機感など持ち合わせ無い、簡単に海外の男性に付いて行き結果がこれ。

平和ボケの結果がこの様な若者を世に出す、海外に飛び出る若者、出す方も覚悟の上で送り出せ!

先日家内とイギリス旅行したのだが、一人旅の女性が多かった、声をかけるのだが怖いとは思って無い、

目的が何であれ、空港ではパソコン広げ、旅慣れた格好は上出来、だがパソコンの中身はゲーム、

覗き見はいけないが見せるように座って居るから自然見える。現地の観光地でも平気で一人歩き、

若い人に声掛けられると平気で会話している、空港では特に日本人の女性に目を付けてる若者も多い。

傍らで家内と話すのだが、時代が変わったのか、今の若者危機感など持ち合わせ零

我が娘に、こんな旅行許せるか、二人の言葉は一致して・・・駄目!

何と我儘な植木屋か・・・本日も御馳走さん!

何時もここのお客さん、剪定作業に楽しみが有る。

昨日息子達と会話するのだが、明日は西瓜がドット出るな、傍らの若い衆と息子困った顔。

実はこの二人西瓜が苦手の様、時には桃も沢山出して頂くが明日は西瓜か桃どっちかな!

そんな話で決めた訳でもないが、息子達若者は他の剪定に廻ってもらい、私と家内が剪定に伺った。

本日もウダル暑さでバテバテ気味、涼しい日陰で休憩中、やっと奥さんから優しい一言頂いた。

桃にする、それとも西瓜と尋ねられ、ついつい笑ってしまう私で有る。

昨日の話聴こえたのかな、今年はメニュー2種類で準備して呉れた御様子である。

西瓜好きな私だが、本日は桃が食いたいナ!我儘な植木職である。

若い人なら西瓜、今日は親方と奥さんだから桃も準備して居たと、嬉しい事で有る。

3時過ぎ息子達が助っ人で来ますから、桃は置いて西瓜頂きますワ!

奥さん曰く、桃は後で又買って冷やしとくし、遠慮せず桃頂いて、嬉しい話です。

息子達以外に早くやって来た、今日の西瓜美味かったで、トボケテ言ったがホッとした若者達、

ヤレヤレ「西瓜食べんで済んだ」と思ったのだろうそんな顔、傍らで奥さん笑ってる。

ちゃんと桃買っといたよ、何と優しい奥さまか、そんな訳で若い衆美味そうに桃を頂いている。

御蔭で若い衆仕事に力も入り、掃除下手な若い衆本日特に頑張って早目に作業終了で有る。

今日の掃除綺麗にしたな、少しだけ褒めてやる、疲れた時は特に褒める、これ人を使う術なり!

所が作業終了真近、落ちが有る。息子が今度は足長蜂に刺され指パンパン、西瓜食わん罰が当たる。

奥さん気の毒がって、今度は西瓜と桃を大きな皿に盛って来た、せっかく冷やした西瓜食べてよ!

西瓜食べねば又罰当たるで、声を掛ける私、若者休息している場所にはすぐ来ようとしない、

今度は大きな声で奥さんが桃も有るよ!飛んできました若い衆、ニコニコ顔で桃食べている。

私と家内は西瓜を頂く、沢山切って呉れたが若者の手は出ない、仕方ない奥さん一緒に食べよ!

家内と奥さん、そして私で西瓜の皿を綺麗にした。この西瓜奥さん吟味で買ってきた、美味い!

奥さん来年ちょっと早めに来ますわ、怪訝そうな奥さんに、一声、山形のサクランボ美味いしいナ!

そうです、以前早目の作業ではサクランボが沢山出た事御座います、これが又美味かった!

何と我儘な事を言い出すか、頂く物に注文出す私、こんな植木殖見た事無いか。

人生足跡・・・青春期・・・(5)大学生活の始まり・・・

晴れて入学式、沢山の父兄同伴で学内は一杯、圧倒される私である。

大学の入学も、高校の入学式と変わらず、父兄の数の多い事、この連中が後々のバンカラか?

この大学は殆ど男子と思いきや、ちらほら女学生も見える不思議な光景がそこに有る。

大学入学くらい一人で来いや、僻み混じりで考えるが知った人間は誰も居なく寂しい入学式だ。

下校時茗荷谷駅前でやはり一人で帰る学生が居た、早速声を掛け喫茶店で話し込む。

九州佐賀県出身とか、喫茶店で他の学生達共気が合い当日で5人程学友が増える。

高校時代と違う生き方をしよう、友を選ぶには少し真面目そうが良いかな、とも考えるが。

入学当日だ、それぞれの生き方も性格もまだ解らないまま、私の友達選びは始まった。

話し込めば沖縄出身、鹿児島、秋田、北海道、それぞれ違う方言にも戸惑うが、すぐに慣れた。

真面目そうなのは最初だけ、中にはパチンコにのめり込む奴、麻雀を誘う者、どんどん変る。

当時の私は無口だが、なぜか皆に好かれて行く、まじめな友達は最初だけだった。

何事にものぼせ易い私、早速麻雀仲間が増えて行く、毎夜毎夜麻雀必勝本を乱読する自分が居た。

住まいは中野、時にはこの友達の下宿へ泊まり歩く事も有り、高円寺、野方、何時しか地理も覚え、

学生生活は順調に始まった、校内で有る時突然顎を殴られ、初めて見る先輩、突然の殴打で吃驚。

私の面構え、顎の強さに早速部活の勧誘で有る、今流の看板立てての勧誘も少なかった。

この先輩はボクシング部、手荒い入部勧誘で有る、顎に一発、根性と倒れ方を見定めて居る。

当時の私は目付も鋭く物怖じせず先方を見る癖が有る、俗に言う眼を飛ばすと言う事だ。

私の通う大学は上下社会が出来上がり、先輩に楯つく事など出来無い異様な雰囲気が有る。

私は一発で気に入られたが、先輩の鼻を見るとひん曲がっている、こんな姿は御免で有る。

嘘でも言ってやれ、もうすでに部活は決めている、空手部に入る事を告げたがこれが失敗。

先輩の中に空手部員も一緒に居たとは知ら何だ、こうして又々武道の世界に入り込む。

練習は唯もので無い、当時は全国制覇、知名度は知れ渡っており練習は想像を絶する。

夏に入ればバイトする者、帰省する者それぞれだが私は金が無い、合宿は理由付けて不参加。

母親の勧めで帰省する事にした。

帰省しても歓迎は2日程度、する事も無い、働く事には慣れてるが自宅の手伝いでは金に成らない。

やがて大阪の家電メーカー「八欧電機」へバイトに行く、確かゼネラルと言ってた記憶が有る。

「当時の日給は800円程度」仕事は商品集荷、荷作りはお手の物、年期が入って居る。

ここで当時の物価も書いておこう、確かタバコが40円、これはショートピースの価格だが、

私は高級たばこは勿論吸え無い、「新生」と言う20本入りで40円、二日は持ってたと記憶する。

コーヒーが40円程度か、贅沢にも喫茶店は毎日欠かす事が無い、雰囲気が好きだから!

話は逸れたが、時には商品配達に同行、ステレオの配達・設置は特に楽しい仕事でも有った。

御客さんの自宅で初めて聴くステレオの音声、夢中になる事当り前で有る。

晩年音楽にのめり込むキッカケはこのステレオに添付されてる2枚のドーナツ盤。

1枚目は初めて聞いた曲「二つのギター」そして「ボレロ」今でも鮮明に覚えている。

この二つの曲が後々の私の音楽の趣味に成るとは、今もこのメロディーが想いに残る。




住居不法侵入で・・・ブスリとやられた!

昨夜は涼しく寝易かった、だが寝安い半面寝付かれ無い、矛盾だが事実である。

左腕が疼いて痒くて度々目を覚ます、藪蚊が侵入、私の体を刺しているでも無い。

原因は解って居た。

盆明け2日間少し遠方の剪定作業に出かけた、5日間の長休みで体が鈍って居る。

その上猛暑で体もぐったり、だが自宅でゴロ寝するより仕事をする事に充実感も有る。

初めて訪問のお宅でのお決まりは剪定の枝抜きから始める事にする。

最近の植木職刈込ばかりで枝抜きをしない、外観は美しく刈っているが中枝は込み込み。

ドンドン作業を続けるのだが、突然左指に激痛、足長蜂がへばり付いている、それも3匹。

激痛は走るがこんな事は今に始まった事でも無い、蜂や毒毛虫には大概慣れている。

今回の蜂、3匹一遍に刺しに来た、2匹は刺してすぐ払いのけたがもう1匹は逃げない。

人差し指に喰らい付き針は刺したまま逃げる気も無い、あまりの痛さで脚立から転げ落ちた。

どうにか叩き落とし応急処置、すぐさま患部を冷やし軟膏を塗る、大したことは無いわい!

考えればこの蜂達子育ての真っ最中、小さな自宅に急遽侵入した私を撃退したのだろう、

どちらが不法侵入か考えた、この庭木はユーザーさんの所有、蜂はこんな事には関係無い。

込みいった樹木は格好の住処、調べて行くと6か所も巣が有った、中にはスズメバチの家も、

蜂は普段はあまり攻撃しないが侵入した者は排除する、それも痛みを携えてお灸をする。

心優しい私でも刺された仕返しはすぐさま処理をする、何処かの御国の様に穏便に済ませない。

領土を踏みにじられても綺麗事で済ます、事なかれ主義の我が国家、情けない!

殺虫剤で蜂を散らし、小さなお家は撤去作業、ついでに足で踏みつぶす、人間とは残酷なり!

蜂は何も悪い事をして無いがこちらには帰省のお孫さんも居る事で、多少の殺生は御勘弁。

夏の終わりを告げるのか、到る所で蝉が死に落ちている、向いの山間では日暮蝉が鳴いていた。

罰が当たったのか、寝易いはずの夜中に腕は疼くは痒みは取れず悶々とした夜を過ごす。

日曜日の我が家は例の如しで誰も居ない、腫れた左指を摩りながら庭を眺めていると、

1匹、2匹と蝉が羽をバタつかせ落ちて行く、この蝉達人間のエゴで殺されずに良かったね、

役目を終えた死に際の蝉を長時間眺めながら人生て何だろうと考える。


感謝状を贈るとか・・・私も贈ろうかな!

国家の危機、政府の対応はこんな物、国土を踏みにじられても目先の綺麗事に終始する。

わが領土に五星紅旗、青天白日満地紅旗が掲げられ屈辱を受けた事にも気が付かない。

野田君、厳正に対処したのが強制退去、この程度の政府の代表者?そんな事は知っている。

シナ人が帰国後の香港で歓迎式を受けていた、そのうち中国政府から感謝状が出るだろう!

少し可笑しな事を言っている、自国の領土だからパスポートも不要、そして逮捕されたと、

言う前に、尖閣に上陸したら、中国の領土に、先に日本人30名程が上陸していたと、

こんな事を言ってみたら、中国のメデイアも書いて無い、やはり中国人に思考能力は零かも。

程度の低さを露呈した、シナ人と我が国の政治家、程度はドッコイドッコイです!

明日は反日デモを行うとか、経済傾きかけてるシナ、頑張りなさい!

さて本題だが、日の丸掲げオリンピックに参加した優秀なる選手に感謝状を出すとか?

それも良いでしょう、こいつも早々と閣議決定したとか、何事も早くて結構な内閣です。

オリンピックは参加する事に意義あり、昔はそう言って居たが今違う。

商業ベースに乗った祭典、楽しみながら参加できたことに感謝すべき、その上感謝状?

何を感謝して贈るのか解らない、難しい事に興味の無い日本人の矛先を向ける為なり!

程度の低い政治の考える事、民衆もこんな受けの良い事はすぐ感動する。

だがチョット待て!

感謝状を贈るならば、福島原発での作業従事者、近年の災害地でのボランティアに精出す人、

国家の為に尽力を尽くす自衛隊、海上保安官、警察官に感謝の気持ちを贈ったら

脚光を浴びなくても頑張ってる日本人沢山居ます、この人々にに差し上げたら如何かな!

こんな事を書いたとて、死に際の老人のマスターベーションと言われるか!

そうだ私も感謝状を贈ってやろう、この暑い最中良く頑張ったねと、

勿論家内に決まってる。

スイカの食い方・・・色々有るが!

今年の猛暑、特にスイカを食べる機会も多い、夏はスイカ、大好きで有る。

歯が悪い、思って居るのは家内だけ、私はガブリと咬むのだが、気配りなのか、

毎回小さく切り刻みガラスの器に盛って来る、勿論塩は付き物で有る。

家内は塩は不要とか、育ちがそれぞれ違うから、食べ方違うのは当り前、私の母親言って居た。

男は腸も弱く出来るだけ夏は塩も取るように、特にスイカは塩かけ甘みもますよ!

先日の器に盛ったスイカ、少し違う香りが漂う、刃物に付いたのか首を捻りながら食べていた。

この時は文句等言って無い、昨夜のスイカは大きなままで良い、ガブリと食べると一味違うぜ。

文句を言う前に切り方を変えさせ食べてみた、やはりこの方が本来のスイカの食べ方だ。

先の方から種の部分にどんどん甘みが増し、種を吹き出し豪快に食う、残った皮をポイ!

2個目を食べるとどうも先日の香りが鼻に着く、少しだけ家内に聴いて見た、包丁も丁寧に、

匂いなんか付いてません、少し不機嫌な答えが返る、種を吹き出し同時にヨダレも垂れて来た。

家内の差し出すタオルで口元拭けば、何処かの似た香り、ちょっと待て、このタオルの香り?

聞いて見れば洗剤で洗った柔軟剤の香り、今の洗剤こんな香りだけが残るとか言っている。

どうやらこの香料が先日のスイカに付いたのか、西瓜切る時手を洗い拭くのはこのタオル、

やっと匂いの原因が解った、御父さんの鼻どうなってるの、不思議な顔をのぞかせ聞く家内。

食材は出来る限り切り口少なく、せっかくの素材、香りが移行すれば味変わるで!文句では無い。

難しい事ばかり言ってる私に、そうですか、今度スイカは切らんと出しますわ!

チョット待ってくれ、弱ったこの歯や、なんぼ頑張っても歯が立ちませんぜ!

お盆のお迎え・・・するのです。

お盆のお迎え準備に家内はセッセと動いている、早朝御墓の手入れに出かけて行った。

私はめったに行く事も無い、親父をほりだすまでの嫌な想いが脳裏に残る。

墓土地さえ買えない親父、母親が無理をして購入した墓に、墓石すら載せられない。

母が死に数多くのお金が入るや車を買い海外旅行まで行く始末、そして立派な墓が建つ。

亡き姉の墓標も建ち、大きな墓石には母親の戒名、その横に親父の戒名が赤色で彫って居る。

戒名も結構高かったことだろう、長く訳の分らぬ戒名で有る、坊主丸儲けの次第なり!

その後も度が過ぎた父親を我が家から追い出し、ついでに隣の姉も一緒に出て行った。

晩年姉達と寂しい思いで生活して居た様だがこれも親父の選んだ人生それ以上は考え無い。

大きな墓土地も今では半分他人に売り飛ばし、何に使ったのか聞くすべも無い。

本当はどう使ったかは知ってるが、死人の恥の書きついでは辞めにする。

甲斐性の無さを象徴出来るこの墓地は、親父との最後の喧嘩言葉で、今も脳裏に残ってる。

不甲斐無い父親に、言われた言葉が面白い、お前が死んでもこの墓には入るな!

そうです、こうデカデカ戒名の書かれた墓標には私の入る余地は御座いません。

今墓石の親父の戒名は朱色から黒に塗りこめられこの石の下で静かに眠っている。

お盆の度、私が皆に言う事は決まっている、私の死後、灰は宍道湖に散骨せい!

仏壇の前で先祖に手を合せながら考える、こんな親父でも、供養は続けて行くのです。

死して尚話題に上る親父は幸せ者かも知れない。

フト見上げると親父の遺映がこちらを眺め、傍らの母親が何かを語ろうとニッコリ笑ってる。

もういいん違うか、許したり、そんな声が聞こえそう!

提灯、お供え準備完了、さてさて今日夕暮れには、麻がら焚いて先祖をお迎えしよう!

お盆休みで・・・何をする?

今生かされているのは先祖の御蔭、言ってる私も適当だが、仏を大切にする事変わりない。

ニュースでは故郷へ帰省客で高速道路は渋滞、新幹線も満席とか毎度お馴染みの光景なり。

盆休に海外へ出かける人も年々増えたとか、この人達先祖はさぞや海外で御眠りか?

国家存亡に危機すら感じない人達、今年も韓国詣でが多いとな、良くやりますわ。

国土を土足で踏みにじられ、平気な面で韓国詣で、やはりこの人達の先祖は韓国なのだろう、

そう思えば腹立たしさも消えて行く、穿った見方で思うより帰省客が故郷へ返って行くと、

そう思う事にした。

焼き肉は嫌いだが、キムチは大好き人間、先日家族に宣言した、臭いキムチはもう食べ無い!

言ってる横で娘の婿、キムチ入りの冷麺食っている、こればかりは押しつけない。

家内の愚痴、買い物するたび考える、メイドイン・チャイナはアウト、今度は韓国製でっか。

衣服に食べ物、生産国を見比べ買う事に疲れてきましたワ!

良いですよ、たとえ解らず買ったとしても、私は着ない、食べません。

終戦記念日はもうそこまでやって来た、今年も変わらず政治家の面々靖国参拝しないとか、

私人で行くとか言ってる人、国家の礎に犠牲となった英霊にA級戦犯合祀されてるから、

参拝しない、皇室もしかり、参拝しようとは思って無い、近隣諸国に遠慮してのこの様か、

天皇陛下万歳と、散った人達この光景は知らずに眠っている。

この英霊の諸氏、戦後何十年経てば敬い祭って貰えるのか解らない、これが今の国家成り。

巷でのテレビは韓流映画が大流行り、クーラー入れキムチ食いながら見てる馬鹿。

長生きしいや日本人。

国破れて山河あり、只今原発乱立し、小さな国土は乗っ取られ、故郷の思いも消えて行く。

さあ今日から私も盆休だ、久方ぶりに考えてみよう!

徳積も大変なり!

仕事も終えいよいよ盆休、借りている駐車場の雑草を刈ってやれ、ここの地主何もしない。

草が伸びると除草剤をパラパラ蒔くだけで後は枯れた草が見苦しい、それでも料金同じだ。

借りてる人は何も言わない、平気で除草剤の蒔かれた地面を踏んでの行き帰り。

こちとら植木職、見るに見かね先日も刈り払で除去作業した、盆前に再度手入れしようか、

思って居ればすでに雑草除去が終わって居る、それも借りている場所の周囲だけ、これ当り前!

綺麗に刈られ気持ち良い、どうやら私の娘婿刈り払で作業をして呉れた様である。

徳積みの心得が少しは伝わったのか、さわやかな気持ちで帰るのだが、帰る道で気が付いた。

市道にタバコの吸い殻がそれぞれの家の前に捨てて有る、さあここで徳積みをと考えてみたが、

何時も何もしないこの住民達、こんな輩に徳積み等必要ない、本数を数えながら帰って来た。

数にすれば1件に平均3本、真新しいタバコの吸い殻も有る、捨てる馬鹿に、掃除しない馬鹿。

ついでに犬糞は車の輪立ちにひかれ茶色に干からびアスファルトにへばり付く。

馬鹿相手の徳積みは辞めてやろう!

我が家の裏道結構人も多く通っている、犬糞、たばこの吸い殻、気付けば取る様にする。

御蔭でこの所、犬糞も吸い殻も、空き缶も無くなった、継続は力なり、捨てる側も見ているのか。

ついでに家内の書いた犬糞の警告看板、こいつが結構効果が有ったのかも知れない。

さて、あの市道に散らばった吸い殻、拾う気持ちが私に無いのがチト寂しい!

やはり私は天邪鬼! 

孫のがっかりした顔と・・・リンゴ病!

土曜日は私の携帯品からiPadが消えている。株も無ければ見る事も無い、だから持参し無い。

そんな事情を知ってる男孫、早朝からiPadを借りに来た。

めったに借りに来ない孫だが、この土曜日は珍しい、普段娘夫婦はゲームをさせないし、

お母さんゲームして良いと言ったんンか?・・・聞いて見る。

今日はゲームして良いと、孫の目はランラン輝き、この日ばかりはお許しが出たご様子!

それには訳が有る。

実はもう一人の孫娘、ほっぺ赤らめリンゴ病、何処かで貰って来たのか体調すぐれず寝込んでいる。

熱の上がり下がりが激しく可哀そう、孫にしんどいかと聞いて見た、「私しんどいけど辛抱してる」

小さな声で言ってる言葉が滑稽だ、頑張りやと言えば、「頑張るわ!」こんな調子だから心配無い。

そんなこんなで、娘は仕事にも行けない、二人の子供の世話も大変と、そんな理由で許可が出た。

そして夕方、帰るなり孫が私の所に飛んで来て、爺じ、これ使い物にならへんで!

ガッカリしている孫の顔、話を聞けば、これ傑作である。

ゲーム入れても映らない、朝から映らないiPadみつめ、妹は寝ていて退屈だったそうな。

そい言えば無線ランお前の家と違う設定や、届くはず無いわいな、ごめんな!

孫は怒りもせず、かまへんで、その代わり爺じの家で少しだけしてエエか、と聞いてきた。

娘夫婦にに怒られない為の根回しをする、爺じが言うたろ、好きなだけしなはれ!

どうせ明日から盆休だ、疲れが出て、ウトウト仮眠した私の傍らに、何時来たのか孫娘。

私の腹の上に乗ったり臍を摘んだり、私を寝さそうとはしない、病気大丈夫かと聞いて見る。

もう治ってん、爺じの横がいいねん、遊ぼ、久しぶりに私の傍でヤンチャし放題の孫娘。

この元気さならばもう心配無い、1週間良く頑張ったねと褒めてやる。

傍らではお兄ちゃん、両親の承諾を得て、必死にゲームを楽しんでいた。

街路樹も哀れな姿を見せている・・・

緑茂った街路樹を早目に剪定依頼した馬鹿な自治会が有りました。

言われれば何も考えないで切り詰める、行政の無知な行為が今所どころで枯れている。

朝夕この道を通りながら観察するが、痛ましい状況が目について仕方が無い。

青垣台の住民は毎度お馴染み緑化の下の雑草除去に精を出す、何処かの自治会と大違い。

月に数回雑草を除去している、雑草が除去された綺麗なグリーンの頭上を見上げると、

所どころ街路樹が枯れている、そりゃそうだ、昨年早目の剪定作業を依頼した罰なのだ!

昨年まだ暑い盛り、市の下請け作業がドンドン切り詰め、葉も無い状態に成って居た。

樹木の生態など解らない自治会、素人集団の作業員、市の担当者、馬鹿のオンパレードだ!

これじゃ枯れるぜ、思った通り、今年は10本程歯抜けで枯れ込んでいる。

緑を大切にとお題目掲げている行政だが、落ち葉の掃除が大変だから早い目の剪定を、

言われれば剪定時期も考えないで平気でやってのけ、それも丸裸、知恵の無い役所である。

飛び飛びに枯れた街路樹を良く見ると枯れた大木の幹周りにビニールテープで印が有る。

今度はこれを撤去するのだろう、切り倒した後はどうするのかが楽しみだ!

おまけにもう少し書いてやろう!

青垣台を通過して、第二阪奈のすぐ横の街路樹、これは道路公団の所有だが、

騒音対策の街路樹が有る、こ奴も先日剪定作業、暑い盛りにドンドン切り詰めている。

どう言う経緯で剪定作業するのか定かでないが、冬剪定の如しにスッポンポン!

緑のカーテンをと言ってるお題目はここには関係ないのか、ここにもバカな役人おりました。

続けて学園前の駅を通過して、鶴舞団地の側面の歩道、綺麗なツツジの緑地帯が有った。

今年も沢山花を付け綺麗な様相を見せていたが、暑い7月の初旬スッポンポンに切って有る。

花後の手入れはもう少し前に刈る、この時期この切り方ではさすがのツツジも伸びません。

誰も水は与えない、猛暑の8月初旬、この暑さに耐えられずついには枯れ込み始まった。

思った通り、今では茶色の枯れ枝ばかり、金を掛け無駄な手入れをするお役所仕事。

これ枯れれば又新たに植え替えるのか、余った税金の使い道?

どんどん無駄も続けなはれ!


お題目だけが罷り通る・・・これ今の日本人!

国土を踏みにじられながらも、遺憾に思う、厳粛に対処する、と言っている!

馬鹿な一つ覚えの言葉ばっかりが勝手に歩んで行く、こんな日本に誰がした。

この際だ、近隣の国々に遠慮はするな、今年こそは靖国参拝してみたら如何かな、

国政は自分たちが選んだ先生達?にお任せ、どんどん衰退するのは誰も何も感じてない!

私の地域の自治会もお題目だけが独り歩き、こう書いてる私は自治会員では無いけれど、

家並みの4軒ごとに変な札がぶら下がる、この地区の「空き巣に気を付けよう」

両隣り3軒、裏の人達にお声を掛けての注意を促す看板である。

毎日この札を見ながら仕事の行き帰り、一人滑稽に感じてる。

普段から付き合いする気も無いのに看板掲げる馬鹿臭さ、掛けてる人の気が知れない、

誰が言ったか知らないが、掛けて下さいと言われれば掛けるだけ。

さてさて、出来ない事を書くよりもその気になれば両隣り、お声を掛けてみては如何かな?

隣は何をする人ぞの無関心、私も結構長く居を構えたが年々この地域は希薄に成って来た。

草刈りは年に1回、後は自分の家の前の草、犬糞も取る気も無い、そんな地域はここだけか?

いや違う、今日のお宅、家の周囲は雑草だらけ、それも市道の周囲は草ボウボウ。

今日も徳積しようかと掃除をしながら雑草抜いて気が付いた、ここは市道やんか!

税金払い市の為に雑草抜くのは馬鹿臭い!顧客の敷地の際は一様抜いては見たが・・・

ここの客、これからも、この先も雑草抜く気も無かろうと、アホ臭くなって帰って来た。

政治が悪いと思ってる日本人、底辺の個人が何もしなければ世も変わらない!

駐車場からくわえタバコを吸いながら、お題目だけのこの看板、ジッと見つめて、

腹立ちまぎれにポイ捨てしたろか・・・思ったけれども出来なんだ。

こんな日本人、孫も喜ばないだろう!

私は人一番天邪鬼・・・勝手に徳積みしてきます。

庭の手入れで肝心なのは最期の掃除の出来不出来、綺麗に剪定しても掃除が出来ねば零点だ。

昔から若い衆に言うのだが、どうも掃除が苦手な若者多すぎる、年往った職人尚悪い。

時間との兼ね合わせ、早く帰りたい一心で掃除も時には適当で私が居ればそうでも無い。

特に御隣さんの庭に落ちた剪定ゴミは綺麗にする、道路上のゴミも綺麗に取って当り前!

今日の施主さん、毎年雑草と格闘されているが寄る年波には勝てず、今年はシルバーに依頼した。

1週間前に除去作業して貰ったそうだが、もうすでに10cm程度伸びている。

お盆までボチボチ抜こうかと思っている、寂しそうなお話です。

3年前は、大阪の息子さんが芝生の手入れ、雑草除去をしていたが、その時私はこう言うた!

親孝行や、身近にいるなら年に3回程帰って作業してあげたら如何かな!

そんな話を、奥さんに尋ねたら、あれ以降雑草除去などして呉れた事も無いそうな。

今年の盆休み息子さん達帰って来ますかと聴いて見るが、どうやら誰も帰ら無いそうだ。

何処か海外でも行ってるならいざ知らず、近郊の大阪でも息子達は帰らない。

子育て間違いましたな、奥さん寂しそうに頷いて、マンションでの生活考えてると話すのだが、

辞めときなはれ、マンションは人のつながり軽薄で、孤独感がそれ以上に増えますぜ!

この庭を眺めながら余生を過ごせば如何かな、関係無い事まで行ってしまう悪い私!

帰宅準備の掃除も終え、寂しそうな奥さんを見てればほってもおけない、エイやってやれ!

日はまだ明るい、短時間で機械を作動、雑草刈り上げ掃除した。

奥さん甚くお礼を述べるが、ただ一言、お盆に息子帰らない分、私が息子の役割しておきました。

すがすがしい気持ちで帰路に着く、横で家内曰く、本日のお父さんの徳積みですな!

この一言がまた疲れを癒してくれるのです。

剪定作業を終え・・・憂鬱に成る事もある。

18年前この庭の裏側は空き地、借景も頂けない野原、でも今新築が建っている。

私の庭作りは大きな樹木は植え無い、3年先、5年先、そして10年先を楽しみながらの作庭。

やがて樹木はそれぞれ大きく成長し台杉、楠木、シラカシ、キンモク、槇、真中には百日紅。

樹木は年々大きくなり、其れなりに手入れ方法にも手を変え丹精込めて庭作りを楽しんで来た。

台杉は年々幹の数も増え、時には堅い幹は抜いてやる、そして柔らかな杉木立が楽しめる。

楠木は大きくなり、幹回りも立派に育ち、手前の槇よりも堂々として添え物よりも主木に近い。

庭の中央には百日紅、これは私の心ばかりの配慮で有るが落葉樹は出来る限り隣接地に植え無い。

この百日紅、植栽時は小さな幹しか無かったが、今ではドンドン大きく枝に広がりを見せている。

今真っ盛りに淡いピンクの花を沢山付けて堂々と、こちらの庭の主木に成った。

大概の職人は元切りで何処彼処もスッポンポンの剪定、コブだけ残し、白骨の様相の手入れだが、

翌年は決まって箒状に暴れ、だらし無く花柄も大きく風情も何も無い、こんな百日紅は大嫌い!

私の顧客は年配の御方が多く、庭木は骸骨の様相を見せる事を忌み嫌い、このような剪定は避けて来た。

話はそれたが、この長年手入れした庭の前の空き地に綺麗な今流のお家が建った。

建った当初はこの庭も何ら変わらず見応えを見せて居たのだが、今この庭の風情は台無しの様相。

何とこの新築の裏側に手作りのバラック小屋が建っていた。

せっかくの新築の綺麗な御自宅だが、裏の物置を手作りで作ったご様子、それも境界スレスレ。

木は廃材、屋根は白い波板、樋は所どころホームセンターの値札が付いたその御仕事ぶり。

伸びきった樹木で気が付かなかったが、剪定を続けている内、この汚ならしさが見えて来た。

他人様の造作にケチを付けるつもりは無いが、裏の御家庭の庭木を見て少しは考慮出来ないか?

新築に費用を掛け、予算が無いから裏側の造作は手造り、この気持ちは解らないでも無い。

今流の日本人、自分さえ良ければの自己満足、相手に対する最低の体裁を考える余地も無し!

ついでに小屋の中身を覗き込んだが、軒に玉ネギぶら下げ、畑の小物が置いて有るだけ?

この程度の物を置く為に時間、浪費を費やしたのか、チョイト気の毒にも思えて来る。

帰宅時についでにこのお宅の玄関先を車で一回り、表は綺麗な造作だが、植木らしい物も無く、

立派なカーポートに車が2台入って居る。

成程、この施主さん、心のゆとりも無さそうと、一人で納得して帰路に立つ。

暑さの疲れと共に、やるせない気持ちに輪を掛けて、憂鬱な1日を過ごしてきた。



100円ショップを開いたろ・・・

安っぽいね、今の政治家達は何かいな、行くとこまで行った御様子だ!

訳の解らいのが国民の生活とか、一時はハトポポの元幹事長、何処で方向転換したのやら、

共産党や、社民党、そしてミッチーの息子達と政権与党に矢を向けての問責決議に不信任提出。

自民党はなお悪い、先日3党合意したはずが、脅しの一点張り、解散しないなら問責決議提出とか。

この輩集団、国民感情さておいて、何を目指そうとしているのか、私共にはさっぱり解りません。

外交・国防打つ手無し、経済に到っては零点で、どうやら今の政治家集団、唯の野合でしか無い様子。

国民皆オリンピックに興味は有るが、政治の世界は興味も無い、体たらくな日本に成りました。

話はコロット変えるけど。

先日100円ショップを覗いて見たが、結構御客は居るみたい、品物を見れば素材も安く数多い。

品物眺めながら、欲しい物も有れば、要らない物も数多い、どうせ100円だから買おうかなと、

考えてみたが無駄なものだと気が付いた、どうせ安物、すぐ不要、挙句は只の廃棄物!

見るだけのショッピンを終え、フト考えた、何処かの政治家達に良く似てる。

個性も無ければ、ピジョンも無い、ドングリの背比べ集団、自己中心で魅力も無い。

安売りのマニフェストや綺麗事の言葉を聞くよりも、ここで私は決めました。

先日の朝刊に選挙年齢を18歳からとか、どうでも良い、私も結構老年期、次の選挙はまず棄権!

この際不謹慎かもしれないが、私も100円ショップしてやろう!

100円の値打も無い選挙権、「お安く100円で如何かな」・・・?

これ売れそうにも無いか、試してみたい心境成り!

人生足跡・・・青春期・・・(4)憧れの東京生活始まった・・・

国鉄奈良駅から夜行列車に乗り念願の故郷を後に、旅立ちの夜がやって来た。

当時の夜行列車は「急行大和」、そして日中運行して居たのが急行「いこま」である。

奈良を旅立つには夜行列車が便利である、夜8時国鉄奈良駅に両親が見送って呉れた。

学友の見送りは勿論無い、卒業以前から東京行きの話し等しなかった。

母親の横に父親が居る、めったにかまってくれない親父が見送りに来ているが何も語らない。

列車のデッキに乗り込んだ私に、只一言、体には気お付けよ、久々に聴く優しい言葉である。

出発真近、親父の横顔に寂しさが有った事を鮮明に覚えて居る、そして目が潤んでいた。

東京での投宿は中野である、駅には見知らぬ二人が出迎えてくれた。

松江の店に勤めて居る社員の弟ともう一人、二人は中野のアパートで従兄同士で住んでいた。

下宿を探すまでの一時投宿での仮住まい、部屋は4畳半だが二人共気持ち良く受け入れて呉れた。

迎えの車はセドリック、黒塗りの高級車で座席にはアイロンの掛った白いシート、座るにも恐る恐る。

この二人、どうやら大手の役員専用車の運転手をしているらしい、服装はお洒落で背広が良く似合う。

中野のアパートにはもう1台、これもセドリック、ピカピカに磨きの掛った高級車が有る。

その夜は私の歓迎会、向かった先は新橋でここに中華料理店が有る、「世界」と看板が掛けられ、

ここの餃子が最高に美味い、具から浸み出る肉汁、今でも鮮明に覚えて居る。

続いて渋谷、インデイラと言うパブだろう、ここで初めてのブランデー、まだ未成年だが、

薄暗いカウンターの止り木で、大きなワイングラスの琥珀色、初めての雰囲気に圧倒され、

この二人、当時22歳とか、結構遊びに長けていて、感化されそうな私がそこに居た。

到着1日目にしてこうである、観る物すべてが新鮮に映り、東京での遊び人の第1歩が始まった。

この孫と・・・何時かお酒が飲めるだろう!

我が家では8月初めは誕生日会、これは恒例の行事成り、長女1日生まれ、次女3日!

仕事を終え、今宵は久々の誕生日会。ケーキにロウソクを立てる?こんな事は、今しない!

年相応の誕生日会、お決まりは酒と肴で祝う事にする。

寿司屋で飲むのは生ビール、私は地酒、次女は私に似て酒豪成り、長女はそれ程でも無いが、

連れ合いがフカの如しで良く飲み、良く食べる、予算なんて考えない。

本日の誕生日会はお決まりの寿司、この店結構美味が本日の活魚槽、鯵が5匹ひっくり返り、

水槽見ながらの活魚はどうも食べる気もしない!

早速お小言の私だが、すかさず店長すくい上げ、水槽から引き揚げ処理してる。

めちゃな事言う私で有るが、思われても良い、活魚は客にひっくり返った魚を見せては駄目!

そっとすくって締める事、これ常識成り、若い店長、チョットだけ気が付か無かなかったが、

素直に聴いて呉れた店長に敬意を示し、こ奴を6貫食べてやる!これが結構美味かった!

すぐさま聴いて呉れる姿勢も気に行ったが、言った言葉が、有難うございますと態度も良い。

二人の娘と家内、毎度の事だが嫌な顔して私を睨む、大きな声で言わんとき!

良いんですよ、思った事を言って、美味しい物を食べるのが私の生きがいや!

少しばかり声高に言った事には、ちょと反省!

他のお客の反応は、顔がニコニコこちらを見てる、そんなに悪気もして無い様子。

生物は鮮度が大事、この鯵は病気でもなんでも御座いません、少し酸欠状態で横たわる、

今の職人、いえいえ、今の若い衆、気が付か無いだけの話か、それが今時の寿司や成り。

傍らの孫、食うわ食うわ、ネタは結構良い物食っている、味が解るのかは定かでは無いが、

こ奴は私の孫に違いない!

カビ菌はこんな所まで・・・蔓延しているのかな!

日曜日は私にとっては最高の休日である。

昼食・夕食の準備して、家内は定期的に大阪の母親の所へ出かけて行く。

私のする事、音楽を聴き、エッセーを書き、そして週明けの作業手順をも考える。

外は照り返しの暑さ、蝉がガンガン鳴いていて騒々しい。

静かな室内は風も良く通り、軒先の風鈴、廊下ではキリギリスが秋近しと鳴いて居る。

日曜はこの静寂さが私の唯つの癒しになっている。

「静寂さ、家内や孫も、居ぬ我が家、今日1日は我が最良なり」・・・と

裏の孫達、本日は尋ねては来ない、夏休みの想い出作りか、南港へ釣りに出かけた御様子だ。

夕食にワインを飲もうと食材置場をアサって居れば、綺麗な化粧箱が置いて有る。

酒の肴にと覗いて見れば、例の菊家の水羊羹、こいつはつまみにもなりゃしない!

丁度一月前の事、カビ事件が有りました。製造二日目のカビ饅頭、確か100個ほど売ったとか、

知らない人がこれを食べ、当のお店は知らんふり!

この水羊羹、謝罪の時に置いて行った代物だが、裏の娘に御裾分けしたが、結構ですと断られ、

誰にも食べて貰えない水羊羹、賞味期限は9月までとか、勿体無いと家内一人で食べている。

所で一月前の保健所、窓口でカビ饅頭を預け経緯を報告、その折担当者が言って居た。

販売店は郡山だが、消費者は奈良市内、こちらで暫く培養して何らかの結果を郡山保健所に連絡、

販売店の指導、その後の結果報告を必ず私が致しますと、親切丁寧に言ってくれたが今も無い。

丁度一月経つが、まだカビ菌を培養中なのか、それともカビ菌は何処かへ行ったのだろうか、

ひょっとしてカビ菌はお役所の方に蔓延して居るのだろうか、暇ついでに考えてみた。

饅頭のカビは捨てれば良いが、腐った役人のカビ菌は、何処の誰に相談すれば良いのか解らない、

困った事に持って行く場所も無い事に気が付いた。役所頼りにした私も悪い。

一時は期待もしてみたが、ヤッパリお役所仕事は何処も彼処もする事同じ、カビ菌よりも腐ってる。

賞味期限の無い役人、腐った政治家達に期待した私が悪う御座いましたと、

ここで初めて気が付いた。

キリギリスは働かないか・・・蟻さんに聴いて見よう!

灼熱の太陽を浴び、水をガブガブ飲みながら剪定をする、この時期は体力よりも根性勝負!

樹木の枝抜きに付きまとうのは蝉の大群、今年もクマゼミ多そうだ、木々の中に潜ると逃げて行く。

飛び立つときはおしっこを掛け一目さん、暫くすると馬鹿な蝉は又私の目の前に戻って来る。

最近の蝉は恐怖心も感じ無いのか、子供が網で追いかけるのも減ったのか、安心しきっている御様子。

蝉と対話はしないけど、聴いてみないと解らない。

休息時、家の壁にキリギリスの雌がヘバリツキ止まっている、早速捕まえ孫の土産に連れ帰る。

近くのホームセンターで虫籠二つ購入し、取りあえず雌だけ入れたのだが、寂しそう!

続き翌日は勾配のキツイ法面の雑草除去、根性と危険との勝負で若い衆、毎年の事で慣れて居る。

老兵は刈払いを使うより雑木の撤去、この地は偽アカシアが結構多く棘に刺されて泣かされる。

作業中逃げて来たキリギリスとまた遭遇、捕まえてみるがこれも雌、勿論こいつも連れて帰る。

雑草の中にススキの塊が4か所程、秋近し施主さんに風情有るからと残しましょうと言ってみる。

このススキの中に雄のキリギリスが綺麗な声で鳴いていた、数にすれば10匹以上。

気の弱いキリギリス、めったに人前には出て来ないが、出来れば雄も捕まえ様と作戦開始。

手前から掃除の送風機、ブロアーを吹きかけ追い上げる、暫くすると1匹の雄が飛び出した。

しぶしぶ飛び出して来たのだが、仕事半分遊び半分の私、やっとの事で雄2匹、雌2匹を捕まえる。

持参の虫籠満杯で、ついでにブヨ、バッタと蜂も捕まえ持ち帰る、これは餌にしてやろう!

この暑い時期の剪定作業、毎年違う事をしながら気を紛らし、楽しみを持ちながら仕事する。

帰宅してから大変だ、お兄ちゃんは良しとしても娘孫は逃げ惑う、こんな虫嫌いやと逃げるだけ!

孫と観察しようと思ったが、遊び道具の多い孫、あまり興味も示さない、そのうち興味を見せるかも!

廊下の隅で早速綺麗な声で鳴いている、結構風情も有る事で、暫く私が観察・飼育する事にした。

二つのケースに砂を敷き枯れ枝を配して新住居完成、それぞれ雄1、雌2のペアーで2棟完成。

昨日の雌は少し元気無さそうでこいつは裏庭に離してやろう!

ケースにはそれぞれ綿に水を浸みこませ、餌場に鰹節を入れ、胡瓜は串刺し置いてやる。

胡瓜は結構食べるのだが、鰹節はすぐには食べ無い様だ、暫くそのままにしておこう。

現場から持ち帰ったブヨ、これを虫籠に入れるや、雌が銜え、たった5分で平らげる。

傍らの雄は知らん顔して鳴いている。

昆虫の世界も強しか雌の時代、ヘタレの雄は遠慮しながら鳴いている、風情を楽しむには雄が良い。

問題は生きた蜂、ピンセットでつまんで入れたのだが元気が良すぎてキリギリスも戸惑い勝ち、

翌朝、虫籠の蜂、元気に飛び回り、合い間に水を飲んでいる、ちょっと待て!

私は蜂の飼育はして居ない、水を変えようにも飛び回る蜂、へたすりゃ私が刺されそう。

ピンセットで蜂をば、摘み殺し、鰹節の上に置いて見る。

やはり雌は強し、早速こいつを銜え、ものの5分もしない内、すっかり綺麗に平らげた!

どうやら生きてる虫はあまり食わない御様子、それぞれの雄、渋々横の鰹節を食べて居る。

成程、キリギリスはあんまり働く事は好きで無さそう、一度蟻さんに聴いて見よう!



プロフィール

パイプのジョニー

Author:パイプのジョニー
植木屋 作庭家のおやっさんのつぶやきブログです。コメントご自由にどうぞっ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ようこそ!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。