スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孫の運動会・・・息子は席取り、私は写真撮り!

昨日は天候も穏やかなスポーツ日和、校庭のイチョウも黄色く染まり秋本番。

少子化が進む中、子供達の数より、多く見られる父兄達、校庭の周囲を賑わしている。

横道にそれるが、今 父兄とは言えず、保護者と言うそうナ、だが、私は今も父兄会と言って居る。

差別用語だからとか、子供を思うばかりの使用禁止言葉、私にはサッパリ解らない!

娘の旦那、前日の夜から場所取りに頑張って特等席を設けていた、御蔭で一番前に座って居る。

年々重たいカメラは億劫になり軽いカメラに切り替えるが、望遠無くしての運動会は写せない。

三脚と望遠カメラを準備、早速孫のテント席に標準を中て、何時でもこいやと、待ち構えている。

小学生2年の孫、1年前と比較すれば背丈も伸び、顔つきも少しキリッとして、被写体バッチリ。

シャッタースピードも速くして、機敏な動きを捕えよう!

周囲を見渡せば、多くの父兄達、同じ様にビデオ・カメラ持参で勿論我が子だけを狙っている。

少子化で、3時までの短いプログラム、お馴染みの短距離競走、玉入れ等何ら目新しい物も無し!

ここ10数年来、同じカリキュラムで粛々と消化している、知恵の無い教育者の御座なり行事だが、

1年一度の孫の運動会、もっぱら写真撮影に取りかかる。

平日の土曜日、父兄の数の多さに関心もするが、ゆとり社会の5日制、ここまで豊かに成ったのか?

私は自由業、予定等何ら問題もアリャしない、仕事の予定も有ったが、爺ジと昼食を共にしたい!

孫の経っての頼みで最終までお付き合いする事にした、勿論孫達大はしゃぎ!

孫だけの写真でも無い、御近所の児童の顔を見れば望遠レンズは絶え間なくその子供達をも捕える。

私のカメラ、動きの穏やかな被写体は撮り易い、捕えるのも簡単だ、なんせこの年だ!

それでも何とかシャッタースピードを速めたり、ついには連射で写す羽目、本来こんなの嫌いだが、

性能の良いカメラ、年に一度は使ってみて、笑顔の良い子、動作の素早い子、色々な表情が、

ファインダー越しに映し出され、何時しか私も微笑んでいる。

この幼い子供達、高学年から中学進学、どのように変化するのか、今日は詮索するのは辞めにして、

何時までもこの可愛らしさと素直さを保って呉れれば良いのにナ、撮影しながら考える。

プログラムも残りわずか、2時近くか、少し雨粒も落ちて来た、多少の雨や、もう少し持ったって!

祈る気持ちで無事終了、色々な良い被写体にも出会え、孫との昼食、この想い出作りは後何年?

下の娘孫、卒業までには10年掛る、そこまで私が持つのやら、何時まで写真が撮れるやら?

娘の旦那に只一言、頑張って席撮りや!
スポンサーサイト

結婚記念日・・・今も続いている!

仕事に追われ疲れているがこの時期は逃げられない、家内の希望でもある。

行き先は解らないまま、京都駅から北陸輪島に向かって居た、今度の旅行はツアー参加。

本来ツアーは大嫌い人間、でも仕事の合間に旅行計画など出来ないし、すべて家内任せの旅で有る。

コースを決め、旅行社を決めるのも家内、嫌厭でも無いが、国内旅行は何処も彼処も行った所ばかり。

若い頃から仕事柄、出張で殆どの地方へ行って今更と思うのだが、家内は行った事も無いとか、

彼女にとっては未知の世界である。

この間、イギリス旅行を終えたばかりだが結婚39年記念日、9月24日は何時も何処かへ行っている。

旅行の楽しみは、唯つ温泉、そして食事、後はお馴染みのバスガイドのお話で有る。

今回は別のグループのメンバーを含んでの総勢41名、このグループは高年齢者、私と変わらない年齢か!

好き放題の私語、知ったかぶりの会話、それもバスガイドとの会話、20分近いやり取りに、私も切れる。

まず常識の解る2人の男性に、休息時少し苦言を言って見た、充分私の言語に理解を示す。

騒ぐ人はサラリーマン時代と同じメンバー、チャカスのが得意とか年をとっても変わらないそうな、

ついでにバスガイドに苦言も呈す、この女性石川県人、でも関西弁上手、笑いを取るのはウマすぎる。

吉本宜しく笑いを取るのに長けてるが、このメンバーの応酬話法に20分も、残りのお客冷めていた。

今流か、多少の笑いは有っても良い、旅の楽しみはガイド次第。

個人プレーならばマイクロバスでこの人達とツアー組みなはれ、言いたく無いが言ってみた。

旅館でのサービスは褒めて良い、さすが一流旅館だけの値打有り、温泉は例の如しで3度入る。

早朝、輪島の朝市に行ったのだが、昔と違い、売り子の婆さん達素朴さも無くなっていた。

手作りの小さな草履、対で100円、私の手作りと、言いてるがどの店も同じ柄、色、包装まで同じ。

穿った見方は中国産かベトナム・タイ産か見間違う、売ってるおばあちゃん商売人丸出し、昔と違う。

安い商品、手作りで儲かるか、少し尋ねたが金儲け違う、生き方の時間つぶしとか、これも生きがい。

旅の思い出に、声掛け方少ないおばあちゃん、この人達の土産を買う事にしてその場を去った。

さてこのツアーメンバー、平均年齢70差、何時ものように人間ウオッチングを楽しんだ。

食事は出されれが皆食べる、食べ残しの無いこの時代の人達、さすがと頷けた。

食後の後は一斉に薬を掘りこむ人の多さ、消化剤か、持病の治療薬か結構沢山の量を口に掘りこむ。

国内医療費総額37兆円に膨らんだ事も頷ける、薬クソ倍、この年寄り達で消化されてるのだと納得。

富山の置き薬も衰退しているそうだが病院、製薬会社、何処も利益を上げている事嘆かわしい!

最終日高岡の瑞龍寺へお参りした、小坊主さんの説明後賽銭を入れ手を合すのだが、誰も賽銭入れて無い、

帽子を被ったまま、サングラスを掛けたまま、手を合してる、年寄りの無知さが今の世の常か、

賽銭も旅行代金に入って居ると思っているのだろう、嘆かわしい!

静寂さに包まれたこのお寺、違和感の有るカメラのシャッター音が虚しく社殿に響いて居た。

帰路に向かう金沢駅で寿司を食べる事にした、富山湾取れ取れと書いて有る。

まず赤ムツ(別名ノドグロ)、こいつは結構脂がのって美味かった、そしてボタンエビ、ブリ、白貝と

この辺までは良かったが、赤貝握ってんか、と言った物の産地を聞いたら韓国製、辞めとくわ!

富山取れ取れ産でも半数近くは海外産品、オチオチ食べれない、寿司ネタ少し考えよう!

食べ物も中国産・韓国産は外してる、身近な所に結構出廻るこの国の物、私はすべて排除する。

酒も程良くまわり無事京都へ、西大寺から西の京へ向かう車中、殆どの老若男女携帯で指動かしている。

この光景を見て楽しい旅行も一遍に現実に戻された。

来年は結婚40周年記念、何処へ行けるか仕事に精出し頑張ろう!

人生足跡・・・青春期・・・(9)苦難の道のり・・・

明けて2回生春の事、学生課の窓口に1枚の張り紙が掲示されていた。

10名程の名簿に私の名前も書いて有る、授業料半期分の未納者リスト、授業料滞納は慣れていた。

中学、高校と月謝滞納は経験豊富、商売人の息子に生まれ、こんな事には動じない。

いよいよ大学も中退か、諦めの境地で無視する事に、当然部活も休みがち、働く時間が大切成り。

当時の退部、並大抵で無い、俗に言う歓迎退部式待っている、私は幸せ者、こう感じたのもこの頃か、

学生課、よくぞ未納リストを張り出して呉れ、良き先輩を持ち、説明するに及ばず、リンチ無い。

気持ち良く退部を認めて貰う、その頃は学生と言うより労働者、仕事優先の時期で有る。

私の周りは苦学生ばかり、逢えば働き口の紹介、斡旋で仕事は左程苦労無く見つかった。

やっと引越し代を確保した頃、母親が授業料こっそり納めて呉れていた、学生課の通達で知る事に、

引越し先は高田の馬場、友人の下宿の近場、入学式で親しくなった佐賀県人、こいつ結構頼もしい。

例の如く布団袋一つ下げ、中央線から山手線、大きな布団袋を二人で担ぎ簡単な引っ越しと成る。

戸塚交差の裏通り、1軒屋の離れ、3畳1部屋、4,5畳2部屋、6畳間、トイレ洗面所は共用物件。

金も無く3畳間を借りたいが近く入居予約、仕方ない4,5畳を借りることにした、家賃は4,500円。

礼金は2ヵ月、無理難題で不動産の親父に懇願、必死に負けて貰う事にした。

隣の住民、中大生、サラリーマン、そして3畳間に早大生、これが又面白い、サラリーマンを除いて、

連夜酒盛りでの政治談義、癖のある同居人ばかりで、私は右翼、早大生は全学連、中大生は中道と、

このトリオ、度々酒を飲み議論白熱、喧嘩もするが、共通点が只一つ、半端で無い貧乏学生で有る。

金が無ければ隣町の畑までお散歩、大根、ニンジン、野菜等を失敬、ついでに早起き牛乳も頂く。

お米が無い、小銭掻き集め上野でインスタントラーメンのヘタ大量に買い求め3人で分け食いする。

インスタントラーメンの蔕、大きな袋に入り売っている、粉々だが結構食えた、楽しい思い出か。

その頃の私は学業よりも稼ぎブチ、夏休みにはデパートの中元商品の荷作り配送、わけ無い仕事。

夜は上野のキャバレー、ボーイである、これが又楽しい、酔った客にまともなビールは不必要。

飲み残しのビールをドンドン集め詰め替える、女給の合図で泥酔客にはこの再生ビール!

ビール瓶、10円玉をキャップに載せ栓抜きで開ければキャップは痛まない、そしてチンチンに冷やす、

助平な客は簡単成り、目の前で栓抜き使い、再生ビール瓶ポンと音をさせ解らない、美味そうだ。

貯めたビールは売り飛ばす、相当悪い事もした、こんな事が出来た良き時代、今にすれば懐かしい!

母親の気持ち痛く感じ学業は継続、バイトの苦学時代、この時代が今日の私を形成したと・・・

良くなる物か悪く成るのか、苦難の道を歩んでいく。

花水木・・・花を見ずして切ってくれ?

今週もどうにか仕事無事終え、久々にパソコンの前に座っている。

世情は賑わい宜しく、興味も湧かないが、政治屋さんそれぞれ好き放題言って騒いでる。

腹立ちマミレ、こ奴等を剪定すればどうやら頭の先から飛ばして行くかも知れない!

そう言えば「ど根性松」三陸の枯れ松、オブジェを作るのに多額の金を掛け切り飛ばしていた。

人の心は状況によって解る気もするが、あえて塩害で朽ちた松の保存がどれほど心を癒すのか?

天邪鬼なこの私、悟るのには人間失格かもしれない、もう少し楽しい思い出に成るオブジェをと、

これ以上書けばブーイング来るかもしれないから辞めておく。

今週も結構な出来栄えの剪定作業、沢山見せて頂きました、私の顧客も同じ様依頼するが、私はしない。

花芽沢山付いた花水木、山茶花、椿に至るまで、スッポンポンに切って居る、同業者だが、植木職で無い。

顧客の依頼か職人の腕か、定かでないが、花芽付いた枝を切り詰める、人様の仕事にケチ付けたくないが、

顧客もしかり、花芽を飛ばすのなら、花木なんて植えない方が良かったかも、落葉時に掃除が大変とか、

言われた作業員、風情などお構いなしで、こちらの剪定チラチラ眺め、今日も素っ裸に切り詰めていた。

帰る頃、一声こえを掛けてやる、スッパリ、サッパリ涼しそうに出来ましたナ、嫌みタップリ言ったけど、

作業員たち嬉しそうな笑顔で、お疲れさん、声掛け機嫌良く帰って行く、これ植木職とは言えまへん。

ただの葉刈り屋集団、傍らで喜んでお見送りの施主さん、風情も解らぬこの人達、私の口、アングリ!

帰宅しての夕食時、今週も花水木、花木スッポンポンに切ってた葉刈り屋、施主さん多かったな!

シラットした顔で家内曰く、他人様の仕事、そこの施主さん短くなって喜んでたらそれで良いん違う!

花水木・・・花見る気も無い・・・それがその人達の花見ず木やろ・・・成程!

本日は、家内に座布団5枚やろ、情けない時代の話題は尽きず、今宵も酒の量は増えていき、

家内と花を・・・咲かせて居たのです。

人生足跡・・・青春期・・・(8)どん底人生スタート始め。

正月明け同居人二人に何が起きたか知る由も無い、突然の事で話も聞けない。

一人の住居人中野を去って行く、狭い部屋に私が同居、それ故の引っ越しかと気を揉んだ、

女性が出来たとか、同棲するとの話で私とすれば一安心、それでも何時かは出て行かねば、

そんな折、自宅から送金が少しずつ遅れて来た、理由は定かでは無いがどうも家業が左前?

そして2月、突然同居人から西荻窪へ引っ越しすると聞かされるが、金も無く途方に暮れる。

事情を察知した同居人、次のアパートへ一緒に行こうと誘ってくれた、引っ越しは布団袋一つ。

お互い左程荷物も無く簡単に作業は終わるが、このアパート西荻窪駅の近場、大学までは程遠い、

新築のこのアパート、ひょっとしてこの人も良い女性が現れるのか気が気で無い。

下宿を探すまでお金を工面しなければ、焦りは有るが金は無い、考える日々が暫く続く。

当時、短期間でのアルバイト色々な事をやって見た、お金に成れば何でも良い、

記憶に残る最悪な仕事、上野での死体処理、その場所は地下室のヒンヤリした仕事場である。

水槽には身元不明の人達を解剖目的で蓄要とか、ホルマリンタップリのプールに一人一人包帯巻かれ、

水面に浮かんでくる死体を長竿で沈め、全体を満遍なくホルマリン漬けにする簡単な作業。

このアルバイトは当時我が校の先輩が好んで?してたらしい、先輩の紹介断る訳にもいかない。

当時のアルバイト料からすれば美味しい仕事でも有ったのだが、人間は時には恐ろしさを忘れ、

成れる事への恐ろしさが日々増してくる事に恐怖を感じ、現実逃避の手段で酒の量も増えて行く。

作業は簡単だが自分の神経の鈍感さが増す恐怖に、気が付けば2ヶ月でこの仕事を辞めていた。

稼いだ金は麻雀、パチンコ、女、酒に消え、下宿先を探す費用等出てこない。

意を決して 帰省する事にした、丁度同居人が車で松江に帰省するとか、同乗する事にする。

車はルノー、カッコいい車だが今姿を見る事も無い、高速道路も発達して無いこの時代、

東海道1号線、箱根を越え長時間かけて辿り着いた先は岐阜の叔母の家、夜半遅くの投宿で有る。

一夜お世話に成り、早速奈良へ向かうのだが、急に帰宅して慌てさせてはと電話する事にした。

幸い親父は松江へ出張とか、これ幸い成るかな、母親一人が待っていた。

事件は翌日我が家で起きた、旅の疲れで二人共熟睡しているが、隣の部屋が騒々しい、母親すかさず、

奈良見物してきたらと勧めるのだが様子がおかしい、何と税務署の執行官、早い話差し押さえ作業中、

知人を招いた翌日に、こんなバカなと思いつつ、奈良公園へ出向くのだが、カメラケースを開けて驚愕。

知人のカメラケース裏側に赤い紙が張って有る、どうやら床の間に置いていたカメラも差し押さえか、

帰宅時、母親税務署へ事情説明、どうにかこの場は無事済んだが、早々にこの知人に説明し松江へ送る。

翌日からが又大変、大阪から来た朝鮮人、罵りながら我が家へ土足で上がって来た、多少ヤンチャナ私、

ここは腹を据え無事引き揚げさせたが、今度は職人10人程がやって来た、賃金の未払いらしい。

今まで優しかった人達も顔つきは変わり、母親一人では対処出来ない、ここも私の出番か、

当時の職人達、私を好いてくれる人も多く久しぶりの再会、私の顔を立て理解してくれる人も居た、

こうして無事この場をしのぎ、親父が帰るまで保留する事に納得してくれるのである。

こう言う状況下、私の生活費など話す機会等全く無く、親父が帰る前に早々諦め上京する事にする。

不渡りを喰らい、空手形を切った親父、この先どうするのか、松江での進展知る由も無い。

ますます極地へ追い込まれ、夜行列車の窓際に、虚しさと腹を括った私が座って居た。

その後のキリギリス観察記。

秋深し?我が家の廊下では例のキリギリスが美しい音色を聴かして呉れていた。

孫の観察が何時しか私の観察に、夏休みの宿題では無いが、ブログに乗せた以上、その後の経緯を書いて見る。

飼育当初は2軒の住まいが有ったのだが、今1軒は空き家と成っている。

1軒目は雄雌番いを、もう一つは一夫多妻、雄一雌二匹を入れていた、観察途中で気が付いた、

番いの雄の鳴きが弱く、小さな声で恥ずかしそうに鳴いていて迫力にも欠ける。

双方とも餌は鰹節、胡瓜のカット物、そして毎日霧吹きで水を掛けてやる、毎日の日課となる。

一夫多妻のお家では雄の甲高い鳴き声が廊下伝いに聴こえて来るが、夫婦者やはり鳴きは負けている。

やがて夫婦者の雌、お腹も大きくなり産卵菅を砂地に挿して産卵開始か、その翌日である。

忽然と雌が倒れている、後ろ足は片側食いちぎられ横に成って動かない、どうやら雄に食われたか?

仕方が無い、雄一匹で飼育を継続するのだが、チョンガーの寂しさか相変わらずか細く鳴いている。

毎日観察するのだが、隣の一夫多妻の雄に遠慮がち、寂しそうに鳴いている姿が可哀そう。

やがて10日程経緯したか、チョンガー生活も可哀そうと、一夫多妻の新居に雄を入れてやる。

これが間違いだったと気が付かない、その夜は共演で鳴き競って居たが突然一匹しか鳴いて無い、

住処を覗くとひ弱な雄は倒れている、凶暴なキリギリス、縄張りに入った者は許さない!

せっかくの私の思いがこんな結末を迎え様とは、少し可哀そうな事をしてしまったと反省する。

残酷な?キリギリスより、人間の方がもっと残酷な事をしているのだと気がついた。

やがて秋風が吹き夜も寝易く成ってきて、庭ではコオロギ、廊下でキリギリス、風情を楽しむのだが、

別れは突然やって来た、まず雌が一匹落ち、そして二匹目、今可哀そうに雄が一匹鳴いている。

鳴き声は寂しそうにか細くなり、時には庭先のコオロギにも鳴き負けて来た。

昨夜も鳴くかと期待するが、鳴きは殆ど聴こえない、今朝も独り身の住処を覗くのだが寂しそう!

来年は生き物の飼育は辞めにしよう、久々の昆虫採集と観察、私の夏休みは終了した。

庭先にメジロが二匹やって来て久しぶりに鳴いている、季節交代の時期が来た。

何処かの政治家達、囀りも高らかに、ここにも交代時期が来たのかと・・・

残念ながら、この生き物だけには興味も無い!

人生足跡・・・青春期・・・(7)アルバイト人生・・・始まった!

当時のアパート代は1畳1,000円程度か、お世話に成ってる方への部屋代は毎月3,000円。

これは毎月母親が送金し相手に払ってくれていた、光熱費等もこの中に、私は月6,000円。

仕送りは現金書留か、米、雑貨などの小包に忍ばせて入って居る、だが保証は無く空も有る。

この枠で苦しくとも生活しなければならない、余裕有って上京したのでも無く覚悟はしてた。

食事は自炊、米を朝1回炊き夕食まで確保する、オカズは殆どメンチカツ、当時10円程度。

当時の味噌汁は欠かさない、私の得意で同居人も美味いと褒めてくれた、これ母親の伝授で有る。

近くの市場でキャベツ、モヤシ、ピーマン購入するが、当時の市場の人達学生には親切である。

金が無いと売れ残りの野菜、豆腐を安く分けて呉れた、食事代は左程掛らないが困った事に、

喫茶店に行く事多かった、薄暗くカビ臭い地下の喫茶店、クラッシックを聴くのが楽しみで通う。

当時はタバコ代と同じ40円、これが毎日だと金も底を突く、考えれば学生には贅沢嗜好で有る。

冬休み目前、金欠病にうなされ何とかし無ければと、同居している先輩に仕事探しを依頼する。

二人の親類に映画会社の宣伝マンが居た、何とか相談に乗ってもらい、東京での初仕事。

映画のフイルム、乾板の配達である、結構このアルバイトは日当も高めの設定だったと思う。

条件はキツイ、上映時間前に間に合わせる為、1軒の上映時間が遅れれば次の映画館に影響が出る。

責任重大だがその辺は慣れている、素早いのが取り柄、時には映写室で巻戻し冷却作業手伝った。

仕事先は大井競馬場、とは言えコンクリートの塊の建屋、鉄の扉も重くヒンヤリしている。

当時のフイルム燃焼早く危険物、コンクリートの部屋にはフイルムの乾板が山積、圧倒さた。

私の役目は「ローマの休日」持ち込み専門、親戚の紹介での役得、条件の良いアルバイトで有る。

乾板はブリキ製、ズック袋に全巻13本、重量50kgぐらい、高さ80cm有ったと記憶する。

これが結構重く、歩く所は大井駅の地下道、距離が有る、時間は厳守、時には走って担ぐ。

学ラン姿でこのフイルムを山手線、銀座、池袋、新宿、渋谷、それぞれ上映に合わせ持ちまわる。

上映中はその場で待機せねばならない決まり、要領良く大学近くの池袋では抜けだし授業にも出る。

朝8時から夜11時までの配送・引き取り、きつい労働時間だが、上映中は時間が取れる。

本来映画大好き人間、見放題だが、さすが同じ「ローマーの休日」ばかりでは見飽きてしまう。

成れると特権が、他の映画も見る事出来る、真剣に見過ぎ、時には走って回収、駆けずり廻る。

こんな良いアルバイトは滅多に無い、そんな1年生の冬休み、帰省も出来ずアルバイトに精を出す。

年が明け、衝撃的な出来事が私の人生を変えて行くので有る。




この松茸は何処産か・・・旬の味を確かめよう?

お向いの御主人今年も松茸持ってきた。

季節の旬の物、この御主人忘れない、毎年頂くからこちら松茸買った事も無い。

大きな松茸が2本、籠の上に並んでいる、頂き物でも正直に書いて見る。

香り松茸味シメジこれ常識、私はシメジはあまり好きく無い、椎茸かエリンギの方が好きで有る。

この松茸香りもうひとつ、当り前だが韓国産か中国産、生産国のラベル貼って無い。

夕食はあまりご飯系は食べないが、今宵は松茸ご飯も食べる事にした。

レシピーは本来松茸以外何も入れないが、この松茸ならば薄揚げ、ニンジン少し入れ作らそう。

本来韓国・中国製は買わない使わない主義だが、頂き物のこの松茸入りご飯、どうしょうか?

家内がこちらをチラチラ覗いてる。

う・・・ん美味い、竹島産か尖閣産のこの松茸美味いやんか!
プロフィール

パイプのジョニー

Author:パイプのジョニー
植木屋 作庭家のおやっさんのつぶやきブログです。コメントご自由にどうぞっ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ようこそ!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。