FC2ブログ

ロンドン旅立ち(1)・・・王室表敬訪問へ!

乗りたくも無い中国国際航空・・・格安航空だから仕方ないか・・・

機内・スチュワーデスのサービスは思ってた以上に最悪、長旅でDVDも日本語無し!

日本人相手の観光集客には興味の無い中国、御立派と言っておこう!

旅慣れた私、早速睡眠薬1錠掘り込みお休み、ざっと10時間は熟睡、家内も適当に寝た様だ。

さすが大らかな国、入国検査も適当、短時間で入国出来た事に感謝、でもこれで良いの?

ホテルまではチューブ(地下鉄)利用、1時間程掛ったが結構便利で安上がり、タクシーは馬鹿らしい。

ホテルはマンモス、大英帝博物館の近くで、翌日からの行動にも到って便利な場所だ!

室内はオリンピック前の化粧直し終え、バスタブ・便器も美しい、強いて言えば洗浄付が欲しい所。

早速近場で夕食、夜の8時と言えど明るすぎる事に戸惑うがこれも北欧、慣れる事にする。

一夜明け早速観光開始、ツアー客早朝からバスで出かけて行くが、フリーな私達時間は幾らでも有る。

まず、英国女王在位60年を祝し、ご自宅まで行くのだが、至る所でストップが係り到達無理!

バッキンガム宮殿周囲はすべて通行止め、仕方なく遠方からの表敬にて眺める事にする。

沿道・街並は歓迎のユニオンジャック、道行く人のファッションもユニオンの着付け、様に成っている。IMG_1834_convert_20120609194036.jpg
この日は、祝賀行事の一環だろう、テムズ川を女王と共に1,000隻のボート・ヨットのパレード。

御蔭でテムズ川沿い・橋に到ってはすべて近寄れない、地元の人達は早朝から待機しているそうだ。

国民性だろう、歓迎を心から喜んでいる様に、必然と私達も楽しく成って来る、こんな国家が羨ましい!

我が日本人、ここまで表現できるだろうか・・・イギリス人の心の豊かさを垣間見た。

祝賀行事の情景はホテルでニュースを観る事にし、取りあえず王室表敬訪問を達成した事にする。
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

プロフィール

パイプのジョニー

Author:パイプのジョニー
植木屋 作庭家のおやっさんのつぶやきブログです。コメントご自由にどうぞっ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ようこそ!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR