スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シロアリ、ムカデ、蛇、イタチ・・・共に生きる我が家かな?

今朝目覚めるなり部屋中を見渡す・・・何処も異常無く・・・被災者の事を思うと申し訳ないが幸せを感じる。

なぜ・・・室内点検?・・・昨夜娘が羽アリ発見・・・この羽アリ達とは長い付き合い・・・そろそろ稼働する季節かな・・・

1階部分の水回り・・・玄関、浴室、台所等々・・・羽アリ出口は何処かいな・・・柱、タイル・・・出そうな箇所を点検するが今の所心配ない。

点検終え、和室から庭先眺めれば景色は一辺・・・三日前と様変わり・・・緑の数が増えていた・・・グリーンに覆われ心も和む。

この地へ居を構え既に40年・・・周囲は既に建て替え施す家多いが・・・我が家は在来工法・・・まだ十分耐えられる。

この家を建てる前に土地探し・・・幼い頃の住まいは毎年二回ほど家屋の床下水に浸かり・・・畳を揚げ床下に石灰をまく。

苦労絶えない住環境・・・永住の地は高台に・・・そして緑の多い、インフラの便利な地・・・そしてこの地を選んだ事は、正解だったと今思う。

市内から離れた里山で・・・大きな施設は・・・国立結核療養所、精神病院・・・空気も良い、見渡せば周囲は森ばかり・・・環境最良。

選んだ土地の隣は小さな神社・・・これ永久に撤去されない物件だ・・・我が敷地・・・村人祭事に使った場所とか縁起も良い。

神社の周囲は大きな樹木が茂り小さな森・・・松に桜、クヌギ等々・・・神社のシンボル樹高15mの主木有り、常緑アラカシ鎮座益します・・・座ってる。

里道を挟みクヌギ林・・・その下側には竹藪・・・北側には開校まもない幼稚園に小学校・・・大きな病院も見えている・・・環境良しと居をかまえた。

神社とは名ばかり、村の管理はずさん・・・樹木の手入れに雑草処理・・・何もする気無し・・・時には伸びた樹高を切り詰め・・・枝を抜く・・・樹高伸びれば、適度の高さに抑えてやる・・・これ好きだから出来る作業成り!

有る時、大きな桜が突然枯れた・・こればかりは村に苦言呈し撤去依頼・・・下手な職人・・・地面から2m程度残したまま放置・・・歳月進み・・・桜の大木、徐々に朽ちてスカスカ状態。

有る5月の季節・・・この桜の根元から煙と見間違える小さな竜巻・・・近付き見れば羽アリの大群・・・天空に飛び立ち散って行く。

早々に農薬散布するが既に遅し・・・近場の住まいを探しに出たのか・・・羽アリどこかへ去って行く・・・近場で旨い住居に移動、・・・何時しか我が家もシロアリと共生・・・毎年少しづつ顔を出す。

羽アリ飛び立てば・・・1km先まで新天地を求める・・・この周囲のお宅100%近く飼っている・・・でも殆ど気が付か無い。

歳月過ぎ・・・周囲の森は開拓進み・・・自宅から見渡せば・・・・家、家・・・家密集・・・長年開発見て居れば・・・美味しい土は何処かへ売って・・・埋め立て用土はガラ、残土・・・仕上げは綺麗な真土仕上げ!

安直な建売住宅乱立で・・・いつ崩れ落ちても不思議で無い土地・・・見た目の基礎は綺麗だが、その下誰も見る事無い、時には山裾ギリギリの場所に家乗っかっている。

大概の人・・・そのような建売物件購入後・・・昔の状況吾輩に聞くが・・・お気の毒としか答えられない、新築壁は早や亀裂も見える。

今周囲の緑は数少なく・・・神社の森も・・・桜、松も既に無く・・・大きなアラカシ残すだけ・・・昔は子供達の集いの場・・・俗名トトロの森と言ってたが・・・寂しい限りと我思う。

桜の朽木も姿無く・・・シロアリ各家庭ですくすく育ち・・・この住宅街の人達と知らないままに共生してる。

我が家に今年もシロアリそろそろ出現・・・そんな処で点検するが、神社の裾から神の使い手、ムカデも動く・・・暖かく成れば自然界はかくの如し・・・

庭先ノンビリ徘徊する蛇・・・イタチは水を求めてに来る・・・無下に殺生する気は無いが・・・我が家に許可なく侵入すれば・・・

不法侵入天罰下す・・・殺虫剤も数多く、何処かしこにも置いて有る・・・やむなく退治するのだが・・・わが身を守る防御成り。

家内、娘に・・・シロアリ共生20~30年・・・まだ家屋倒壊の兆し無し・・・吾輩死ねば建て替えよ・・・黙ってうなずく家族成り。

震災の方達の事を思えば・・・我が家はこれで充分成り・・・棚の上・・・大事なカメラもそっと下げ・・・地震の対策忘れない。


備え有れば・・・と思うのだが?

熊本の地震に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

御不幸にして亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると共に、被災された方々の早々の復旧を祈るばかりです。

早朝からニュースを見る度思い出す・・・震災は何時なんどき我が身に起きるか・・そんな事は無いだろう・・・・まさか、まさかの繰り返し・・・防災対策何も無い。

防災って何だろう?・・・被災地の状況、刻々とニュースに流れる・・・教訓は殆ど生かされて無い事に気が付いた・・・

幾度かの震災を他山の如しと見過ごしてきた我が身が情け無い・・・そうだ、思い切って行動に移そう・・・そんな思いで書いて見た。

身近に起きた震災が、阪神・淡路大震災・・・早朝の大きな揺れにベットから飛び出し・・・家内にベットの隅に隠れる様指示・・・

娘達の部屋に飛び込んだ・・・部屋の揺れは大きく・・・タンスはグラグラ・・・子供達は熟睡、何も感じて無い・・・

タンスを抑え込むと同時・・・寝ぼけ眼の娘達も起きて来た・・・隣の寝室に放置状態の家内、恐怖の叫びを発するが・・・まずは娘二人が優先と・・・その時点で既に家内を捨てていた。

ぐらつきが収まる頃・・・吾輩は身動き取れない状態・・・タンスが倒れた訳でも無い・・・腰が動かない・・・鈍痛が体を抜ける・・・

気が付けば吾輩・・・・瞬間芸でぎっくり腰に成っていた。

揺れも少し収まる頃・・・家内、娘達が吾輩を支え・・・取りあえず1階に移動するが・・・既に腰は鈍痛を通り越し痛みは増すばかり。

室内、外部共損傷殆ど無く・・・地形的に恵まれたこの地に感謝・・・それからの1週間・・・仕事も出来ずニュースに縛り付け・・・

東北大震災・・・教訓度々得るも・・・この状況は我が地形には起こりえない・・・でも自身の対策講じなければ・・・そんな思いは・・・まさか・・・まさかで年月も過ぎて行く。

思いは何時しか忘れ去り・・・人間なんてそんなもの・・・・喉元過ぎれば・・・又しても教訓は生かされないまま時過ぎる。

昨夜の熊本震災・・・大した事も無いだろう・・・ニュース見ないまま早めの就寝・・・お陰で4時過ぎには目が覚めた・・・ゆっくりベットを滑り降り・・・リビングでニュースに驚愕、そして考える・・・

被災者の多くのコメント耳にする・・・外部の損傷よりも・・・室内の家財がすべて倒れ・・・辛うじて机の下で助かったとか。

昨夜就寝前に家内、娘と会話する・・・地震が来れば今助けるのは孫二人・・・僅か10m程の距離に居を構えるが・・・

助けるのは吾輩しか居ないと独りよがり・・・娘曰く・・・向こうは両親おりますがな・・・傍らの家内・・・どうせ私はほったらかし?・・・家内、娘に申し訳ないが・・・その通り!

いざ助ける順番は・・・年寄り捨てても・・・幼い孫一番・・・・これには二人も納得・・・納得!

その前に・・・すべき事もしておこう・・・家具はすべて固定・・・簡単に出来る事から始めよう・・・何時しか我が身に起こるかも。

娘夫婦にもこの教訓・・・実行せよと伝えておこう・・・体調良ければ日曜日・・・時間見計らい・・・金物購入、取り付け様か・・・

だが待てよ・・・その前に・・・明日土曜日、吾輩身体検査で忙しい・・・室内の防御以前に・・・わが身の防御、不備治し・・・医者の診断仰ぐとしよう・・・

今宵も暖かい食事出来る事に感謝・・・酒、煙草を今夜だけは辞めにして・・・明日の検査に備えよう!





青年に贈る言葉すら・・・見つから無い

博打で身を亡ぼすとは・・・昔からよく言われた事だが・・・立ち直るチャンスのある若者、寄ってたかって切り捨て御免!

日本人の陰湿さには・・・ホトホト反吐も出る、「主文」・・・一人は博打常習犯で解雇・・・もう一人は博打頻度少なく自宅待機1ヶ月?・・・早々と企業判決・・・軽々しく下す・・・若い新芽は簡単に切り飛ばす。

臭い物には蓋をする、この国独特の風習成り・・・これ近代国家とは言え無い・・・企業、スポーツ協会、政府の要人・・・序に馬鹿な事まで言って居た。

強化合宿補助金等も返還余儀なし・・・どの口が発せるのか、開いた口アングリ・・・政治家の不祥事で・・・歳費返還した事も無し・・・勝手な事をほざくなと・・・

若者達の生く末、借金残る・・・返済するにも仕事取上げられ収入無し・・・先行き何処へ行くのか・・・チョイ心配成り。

メデイアは続けて・・・塵箱漁り・・・ネタ探しに翻弄・・・路上でチューする事まで記事を書く・・・留まるところ知らずである。

アスリート所詮会社の広告塔・・・勝てば官軍・・・負ければポイ・・・使い捨て社会の常套手段・・・捨てる神有れば拾う神・・・

運が良ければ生き残り・・・タレントの道も残って居る・・・知名度上がれば・・・旨く行って国会議員・・・これ今の日本の流行・・・

これに反し・・・サラリーマンは気楽な稼業?・・・年功序列で安定有る?・・・それは昔の物語と悟るべし。

寄らば大樹の陰・・・大企業目指し就職したが・・・企業の求める人材すべてイエスマン・・・で品行方正・・・媚打って・・・素直が良いと・・・それが今の日本の社会。

ストレス社会の忍耐勝負・・・無難な勤めも・・・時には企業の都合で転勤島流し・・・社命ならば仕方ないと従うが・・・挙句家庭崩壊数多い・・・我が近場にも多くの事例見て来たが・・・

企業の冷酷さは今の若い人には想像絶する事多し・・・進む道、大きな壁が待っている・・・覚悟して人生社会を登り切れ!

例え挫折を感じても・・・長い登り坂と・・・下り坂・・・時には・・・まさかの坂も有る・・・人生至る所に青山あり・・・考える人は幸かも・・・

新緑芽生える5月頃・・・夢託した新1年生、待ってる壁が五月病・・・想像する社会に初めて出会う疑問符かも・・・これがスターの始まり成り。

期待外れと、この世を嘆くな・・・75%のサラリーマン、我慢我慢で生きている・・・身近な親を参考に・・・

少年よ大志を抱け・・・は過去の話・・・周囲何処かしこ・・・落とし穴も待っている・・・チクりされない生き方選べ!

朽ち果てる我が老いぼれは・・・贈る言葉を探してみたが・・・夢ロマンの無い社会・・・言葉探しに迷ってる。


おおらかな気持ちで・・・オリンピック行かせて上げれば・・・

若い人達、時に間違い犯す事も有る・・・メデイア、スポーツ協会、国挙げて・・・ここぞとばかりに正義の旗振りまわした。

人生誰しも間違い犯す事も有る・・・聖人君子で有る訳ない・・・時に若気の至りと感じる事も・・・後悔先に立たずと言うだろう!

少しだけおおらかな気持ちを持って・・・この若者達の生く末・・・長い目で見てやっても良いのでは・・・

ネタ探しに困らぬメデイア達、これ俗名ハゲタカ・・・記事書く事で煽り・・・これ踊らされる馬鹿な日本人・・・この集団、俗名ハイエナ。

新鮮な肉に飛び付き・・・爪を立て、嘴で突っつき・・・周囲にハイエナ集い・・・一時的なる宴会騒ぎ・・・腐る寸前、終焉まじかに姿消す。

既にオリンピック出場不可との風潮溢れてる・・・たかが潜りの賭場へ行った事・・・道義的、信頼性・・・国民の夢を蔑ろにした?

苦言呈した政治屋居たが・・・これ以上に悪い大人は傍に居る・・・政治屋の悪ガキ達はいまだ責任取らず・・・生き永らえ税を蝕む・・・これこそ国民愚弄する。

若気の至り・・・遊びに夢中の若者達が・・・理性持ち合わせ無くとも許してやれ・・・撃鉄一発懲りてるはず・・・これで人生棒に振らせる事こそ・・・気の毒成り!

悪質性有る犯罪でも無かろうに・・・彼らの長年かけた努力、実績、夢は・・・一刀両断バッサリ切り捨て・・・正義が勝ったと錯覚している。   

彼らに弁解の余地無かろうが・・・ここまで叩き潰して良い物か・・・今の日本人妬みと嫉妬心溢れてる・・・出る杭は尽く潰していく。

日本人の心の奥に秘めた陰湿さ・・・年々助長・・・大和魂、既に無く・・・武士の情けの片鱗すら消え失せ寒々しい・・・嫌な世の中に成り申した。

オリンピック出場不可に成っても仕方ないが・・・この先この若者達の生く末どうなる・・・夢絶たれ・・・絶望の世界だけが待っている。

博打が悪いと言う事なら・・・この際すべてのギャンブル辞めれば良い・・・公営ギャンブル、パチンコすべて廃止にすれば・・・

乱世の世の中・・・甘い汁吸う輩は反社会集団だけとは限ら無い・・・腐った資本家、政治屋擬きが蠢き・・・甘い汁を吸い続ける。

生活困窮者の多くが公営ギャンブル、パチンコゲームに興じているが・・・このてら銭は・・・何処に行く・・・国や地方へ、これこそが社会問題。

オリンピック・・・参加する事に意義有りと言われた時代は既に無く・・・ギリシャの時代より永遠に続いたこの祭典影薄く、

国際社会は腐り切り、片側では戦争継続殺し合い・・・スポーツの祭典名目で・・・国力競うメダル数取競技也。

裏で蠢く資本家の稼ぎどころと様変わり・・・身近な東京オリンピック・・・親方たちが変なお金、使ってるよ・・・

メデイア諸君・・・攻撃材料その辺に有り・・・ハゲタカ、ハイエナ集う場所・・・肉ネタ大きく、すぐ切れそうも無し。

腐りきったこの世の中さ・・・綺麗事は程々に・・・この小さな出来事を・・・おおらかな気持ちで・・見て上げれば如何なものか。

曽野綾子なる怪女・・・貴女はどれ程偉い人?

昨今のメデイアのニュース記す処痛々しい・・・お年寄りの自殺に殺人・・・只の犯罪事件では無い・・・終末迎えた苦難の人生悲話。

介護疲れ精根使い果て・・・相談する術無し・・・思い余った挙句・・・手掛けたくも無いが自然に腕に力を込め、人を殺める・・・そこに善悪考える余地なし。

夫や妻の首を絞め・・・子が親に手を掛ける・・・生活苦と介護疲れ・・・未来の不安が悲惨な結果を招く・・・枯れ老人に近づく我が身・・・心を痛める。

考えたくはないが・・・少なくとも家族思いの家庭を築いてきたと自負する吾輩には起こりえない・・・見えない世界で起きてる、結果をメデイアは伝えてる。

子育て終え、立派に育てたつもりだが・・・何時しか子供は旅立ち・・・その地で家庭を築く・・・家族形成核分裂・・・何時しか親の存在忘れ去る。

盆暮れ訪ねて親孝行・・・先祖のお墓参りした処で・・・己の生誕の有難さ何て感じない・・・それが世の常今の流れ・・・既に先祖は置き去り成り。

身内に手を掛ける高年齢層・・・今の時代感覚と乖離有り・・・恥を悟れない様生かされた・・・生活苦の困窮等を行政に相談?・・・ましてや人様に語れない、悟られない生き方に、周り気が付く人も無い・・・結果こんな悲劇を導くのか・・・

今社会に認知症、寝たきり老人抱える家庭も多い・・・世話をする事の苦痛・・・生活費の困窮・・・問題山済みでも行政動かず、政府、官僚知ってるだろうが手は出さない・・・近隣住民知った処で無関心・・・自己中心の世の中成り。

一億総活躍社会・・・綺麗な言葉は一人歩き・・・働きに出たくとも、困難な年寄り抱えてる人々・・・こんな政策、絵面事・・・根底から見直す事は出来ないのか?

今年1月頃・・・産経のコラム「小さな親切、大きなお世話」目を通し驚愕した・・・例の綾子なる女傑・・・こう書いていた。

高齢者がドクターヘリによる救助の要請・・・利己的とも思える行為・・・批判展開、挙句ドクターヘリ利用者の年齢制限促している。

続けて、週刊誌のインタビュー記事は益々エスカレート・・・高齢者は・・・「適当な時に死ぬ義務」を忘れてしまっていませんか?・・・好き勝手な事を書いて居た・・・

年寄りがいくらでも生きるのは傲慢・・・「権利を求め倒し」・・・医療を「使い倒し」・・・他人を「頼り倒す」事は肯定されない・・・傲慢の上に成り経った持論展開。

記事中に多少わかる事も有る・・・趣味、暇つぶしで病院楽しむ年寄りも居る・・・不要な薬を貰う人も・・・だが、ここまで書くのはこれペンの暴力以外に何物でも無い。

生活困窮なお年寄り、この記事読んで・・・・納得、頷き、落胆・・・連れ合いを手掛ける・・・そんな事は貴女の知らぬ世界成り。

物書きの貴女はそんなに偉いのか・・・日なが書斎に閉じこもり、パソコン使いGoogle駆使した文書を作る。

スポンサーの希望、要望それに沿った、適当なエッセーを記述すれば・・・それで充分飯食える・・・自分の頭で書いた文書すべてが正しいと思うのは錯覚成り!

ましてや神を崇める貴女に、人の一生、終末人生、語る事も揶揄する事も・・・そんな資格は断じて無い!

女傑既に84歳・・・噂によれば朱門90歳・・・認知症はドンドン進行とか・・・多少お疲れの御様子垣間見る・・・御夫婦共々お先にどうぞと言っておく・・・貴女の終末楽しみだ。

お二人、絶大なる天皇崇拝者・・・貴女が記事冒頭に述べた・・・あの言葉・・・
・・・・「高齢者は権利や機会を若者に譲り、死と向かい合うべき」・・・

陛下にお会いする機会有るやもしれぬ・・・この言葉、信念込めて・・・御忠信召されれば如何なものか・・・?

聖書にはこんな文言無かったと思うが・・・「紙は何にでも耐えられる」・・・?

これ貴方の偽善の為せる技・・・貴女の神は只の紙成り!

プロフィール

パイプのジョニー

Author:パイプのジョニー
植木屋 作庭家のおやっさんのつぶやきブログです。コメントご自由にどうぞっ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ようこそ!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。